DaBabyがラップバトルに対して「アートをやっていく上で邪魔だ」として批判する

今週12月17日にPodcast番組『RapPack』に出演したDaBabyが、インタビュー内でラップバトルを「アートをやっていく事や金を稼ぐ上で邪魔だ」と批判した上で、「一番のラッパーだと宣言する俺を嫌う他のラッパーとは、今後ラップバトルをしない」と宣言した。

さらにDaBabyは自分がどれだけ素晴らしいラッパーであるかという事を証明する必要はなく、音楽にそれを託していると語った。「今あなたは、あなた自身に関連する物語全体を変えていく。みんなは目の前の相手と戦っているけれど、自分自身を高めて一番になろうとするべきなんだ。」と相手とけなし合うのではなく、自分自身を高める努力をするべきだと語った。

そして「でもそれは、俺が最高でベストラッパーだという事を感じ、宣言するためなんだけどね。」とあくまでも自分が一番のラッパーであると釘を刺した。DaBabyが語ったように、作品を通じて自分自身を表現しようと努力する事は、全てのアーティストにとって忘れてはいけないものだろう。

related

HideyoshiがMILANO FASHION WEEKで発表されるChildren of the discordanceの新作のモデルに起用 | ralphやTokyo Young Visionのメンバーと共に出演

1/15から開催中のMILANO FASHION WEEKで発表されるChildren of the discordanceのAW21コレクションのプロモーションモデルとしてHideyoshiが出演する。

OGRE YOU ASSHOLEの2020年唯一のワンマンライブから"夜の船"のライブ動画が公開

OGRE YOU ASSHOLEが2020年唯一行ったLIQUIDROOMでのワンマンライブから、"夜の船"のライブ動画が公開となった。 https://www.youtube.com/watch?v=NvPR-4zjeCc&feature=youtu.be スローな中にO...

Cwondoの1stアルバム『Hernia』から新たに"Kochi"が先行リリース

No Busesのギター&ボーカルとしても活動中の近藤大彗によるソロプロジェクトCwondoのソロアルバム『Hernia』から、新たに"Kochi"が本日1/15(金)から先行リリースとなった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。