6ix9ineの父親が懲役2年の判決に対して「嬉しく思う」と取材陣に語る

強盗、殺人、放火、銃撃、麻薬所持など9つの罪で起訴されていた6ix9ineだが、先日2年の服役と5年間の監視付きの釈放という判決がようやく下された。

これに対し12月18日、6ix9ineの実の父親であるDaniel Hernandezさんが法廷に姿を現し、取材陣のインタビューに応じた。その中で、6ix9ineに懲役2年の判決が下された事に対して「嬉しく思う」と答え、6ix9ineが釈放された後にギャングからの報復を受ける可能性を恐れている事を明かした

Hernandezさんは取材陣に対して「彼が安全な場所(刑務所)に居てくれて嬉しく思う」と判決によって安心した事を明かし、「だって分かるでしょう?何も起こらないんですよ。外に出れば彼(6ix9ine)が喋った事を理由に、彼ら(ギャング)が殺しに来るだろう。分かるでしょう。説明は必要ないですよね。恐ろしい状況です。彼はターゲットになっているんです。彼は隠れることすら出来ません。彼の顔に刻まれた”69“のタトゥー。どこにも行けないんです。」と6ix9ineが裁判内で同じギャングのメンバーに関する犯罪を次々と密告した事によって、ギャング達から報復を受ける事を恐れた。

また、取材陣から6ix9ineのタトゥーについて聞かれると「大好きだよ!私もタトゥーを入れてるしね。”69”ではないけど。」と6ix9ineのトレードマークである“69”のタトゥーを気に入っていると語った。

6ix9ineの判決は2年の服役と5年間の監視に加えて、300時間の公共サービスへの従事、3万5000ドルの罰金の支払いが命じられている。6ix9ineはすでに1年と1ヶ月服役をしているため、残り11ヶ月間の刑期となり、2020年に釈放される予定だ。また刑務所内での素行がよければ、さらに刑期は短くなる可能性も残っており、Hernandez氏が「何も起こらない」と話した服役の期間も限られている。

近い将来には釈放が予定される6ix9ineだが、本人は再デビューも計画しており、刑務所内から1000万ドルで以前彼が所属して居たレーベル10K Projectsと再契約したとも報じられている。今後どのような展開が彼を待っているのだろうか。

related

6ix9ineの出所日が2020年8月2日に確定

放火、強盗、殺人など複数の罪で拘留されていた6ix9ine。司法取引によって減刑を勝ち取り、今年中の釈放は見込まれていた彼だが、出所日がついに発表となった。

6ix9ineが「釈放後はニューヨークを出て強いセキュリティの家に住みたい」と考えていることが判明

強盗、殺人、放火など9つの罪についての裁判が決着し、今年7月に釈放されると見込まれている6ix9ine。

6ix9ineの弁護士が「彼は来年7月に釈放される」と断言

とうとう裁判が決着し、2年の服役と5年間の監視つきの釈放という判決が下された6ix9ine。来年釈放されることが見込まれている彼の裁判の詳細について、弁護士が明かしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。