The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by in-d

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010's』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回は、THE OTOGIBANASHI’S、CreativeDrugStoreのメンバーであり、今年ソロでEP『indoor』をリリースしたラッパー、in-d。

 

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by in-d

音楽活動をスタートしたこと。

 

コメント

考えると色々あったのですが、ほとんどの出来事のきっかけはここからかなぁと。26年間の人生の中でも最も大きな出来事だと思います。

同級生のBIMに誘われて、THE OTOGIBANASHI’Sとして最初にPVを出したのが2012年。SUMMITに加入したのも同じ年。それまではサッカーしかしてこなかったのですが、そのタイミングが自分にとって印象的というか、とても大きな転機でしたね。

音楽活動を始めてからは、色んな人やモノに出会って、色んな経験をして、ちょっと語りきれないですね。。。笑

 

2020年代はどのように過ごしたい?

もっと作品を出していきたいですね。その為にも新しい挑戦もしたいです。その中でもっと自分を知れたら良いなと思ってます。

 

Info

EP『outdoor』を製作中。

in-d

THE OTOGIBANASHI’S、CreativeDrugStoreのメンバーであり、ラッパー。1993年生まれ。高校時代グループを結成し、これまでに2枚のアルバム、そしてソロとしてミニアルバムを自主リリース。

2013年 THE OTOGIBANASHI’S 『TOY BOX』をリリース。
2015年 THE OTOGIBANASHI”S 『BUSINESS CLASS』をリリース。
2017年 自主制作によるミニアルバム 『d/o/s』をリリース。
2019年、本格的にソロ活動を開始。5月にはEP『indoor』をリリース。

related

HideyoshiがMILANO FASHION WEEKで発表されるChildren of the discordanceの新作のモデルに起用 | ralphやTokyo Young Visionのメンバーと共に出演

1/15から開催中のMILANO FASHION WEEKで発表されるChildren of the discordanceのAW21コレクションのプロモーションモデルとしてHideyoshiが出演する。

OGRE YOU ASSHOLEの2020年唯一のワンマンライブから"夜の船"のライブ動画が公開

OGRE YOU ASSHOLEが2020年唯一行ったLIQUIDROOMでのワンマンライブから、"夜の船"のライブ動画が公開となった。 https://www.youtube.com/watch?v=NvPR-4zjeCc&feature=youtu.be スローな中にO...

Cwondoの1stアルバム『Hernia』から新たに"Kochi"が先行リリース

No Busesのギター&ボーカルとしても活動中の近藤大彗によるソロプロジェクトCwondoのソロアルバム『Hernia』から、新たに"Kochi"が本日1/15(金)から先行リリースとなった。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。