The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by Maika Loubté

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010's』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回は、7月にニューアルバム『Closer』を配信リリースし、アニメ『キャロル&チューズデイ』への参加も話題のSSW/DJ/トラックメーカーMaika Loubté。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by Maika Loubté

世の中的なこと:
音楽の環境があらゆる意味で変わった。自然災害。トランプ。

パーソナルなこと:
どこへ行っても浮いてしまうインディーな自分と音楽のアイデンティティを発見したこと。
もう2020年代に入るのに古いヴィンテージシンセの魅力は色あせないこと。
ファミリーの分裂と仲直り。
思ってたよりたくさんの最高な音楽に出会えたこと。
ツアーで出会った清くも変態なひとたち。
2人の祖母の他界。
オリジナルであろうとするクリエイターたちとの出会い。
Netflixでハマった『Glee』と『幽遊白書』。
2019年、人生初ワンマンライブ『Closer』。
これからの10年のベースができたかも。etc。

コメント

音楽家としても人としても、次が予測できない世界をサバイブした2010年代だった。
自分を見失わずに存在できているのも、周りの人たちのサポートのおかげだよ、ありがとう。あいしてます。

 

2020年代はどのように過ごしたい?

これからさらに世界的な変化は続いていくと思うし、楽しんでいきたいです。
主観純度100%の音楽をポップにやって、たくさんものを作り、世界中でツアーして、
メチャメチャなすごい景色をたくさん見たい。平和に。

Info

12/4 アルバム 『Closer』限定LP発売
12/21 中目黒SolfaにてMaco Marets ”Circles”リリースパーティーに出演
12/31 大晦日、中国のカウントダウンフェス「蹦移(Network Party)」に出演
1/17 下北沢440にてJulia Shortreed × Maika Loubtéツーマンライブ開催 http://440.tokyo/events/20200117/

Maika Loubté

SSW/トラックメーカー/DJ。幼少期から10代を日本・パリ・ 香港で過ごす。14歳で音楽制作をはじめ、帰国後、リサイクルショップでビンテージアナログシンセサイザーに出会い、ポップスとエレクトロニックミュージックを融合させた現在のスタイルに至る。

2019年7月にニューアルバム『Closer』を配信リリースし、アルバムから先行配信されたシングル“Nobara”・“Mountaintop”は国内外の多数のSpotifyプレイリストに追加された。“Nobara”はJ-WAVE 『SONAR MUSIC』"SONAR TRAX"に選出、「TOKIO HOT 100」で初登場76位から最高17位までチャートインし、Google国内WEB CMにもタイアップ曲として起用。
Netflixにて全世界配信中のアニメ『キャロル&チューズデイ』にも楽曲提供・歌唱で参加。これまでに、agnès b、Mercedes Benz、STUSSY WOMEN、Gapなどのブランドとのコラボレーションや、台湾・中国・香港・韓国・タイ・フランス・スペインでライブを行うなど、国内外で活動の幅を広げている。

related

Maika Loubtéがリリース予定の新曲のアートワーク用写真素材を公募

SSW/トラックメーカー/DJとして活躍するMaika Loubtéが、6月上旬リリース予定の新曲のアートワーク用写真素材を公募中だ。

Maika Loubtéがmaco maretsを迎えた"Niet II"をリリース

SSW/Trackmaker/DJとして活躍するMaika Loubté(マイカルブテ)が、自身の楽曲"Niet"にmaco maretsを迎えた"Niet II feat. maco maretsを3月27日にリリースする。

Maika Loubtéの”Nobara”の80KIDZなどが手がけたリミックス2作品がリリース

GoogleのCMタイアップなどでも話題となったMaika Loubtéの”Nobara”の新たなリミックス2作品が、1/24(金)、1/31(金)に二週連続配信リリースされる。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。