The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by Aru-2

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010's』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回は、オーセンティックながらも時代の最先端でもあり、独特なグルーヴ感を持つビートで人気のビートメイカーのAru-2。先月NF Zesshoとのジョイントアルバム『AKIRA』をリリースし、FNMNLでインタビューをしているのでそちらもチェックして欲しい。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by Aru-2

音楽制作、出会い、女とセックス、クサ、ドラッグ。

コメント

脳が喜ぶ。

2020年代はどのように過ごしたい?

17歳〜26歳まで過ごした2010年代は子どもから大人に成長する節目の時代でした。
音楽を通じて出会った人達から沢山の経験を与えてもらったので2020年代は自分よりも若い世代に少しずつでも還元していけるように音楽活動を頑張りたいと思っています。

Aru-2

1993年生まれ、埼玉県川口市出身。2013年OILWORKS Rec.からデビュー作をリリース、その後も多くのビートテープやlee(asano+ryuhei)、Yotaro、Cram、EeMu等とのコラボレーション作品を発表。その他にもISSUGI、仙人掌、環ROY、JJJ、C.O.S.A.、KID FRESINO、NF ZESSHOなどラッパーへの楽曲プロデュースに携わる。近年は自身のボーカルプロジェクト”Notology”名義によるソロアルバム「A H O」、USのレーベルFresh Selectsからビートテープ「Ayakashi Instruments」、NF Zesshoとのジョイントアルバム「AKIRA」をリリースし活動的に暮らしている。

related

BEAMSとSPACE SHOWER TVによる『PLAN B』が S/U/P/E/R/ DOMMUNEでライブ配信 | Campanella、RAMZA、Aru-2、16FLIP、田我流、KMが出演

BEAMSとSPACE SHOWER TVによるコラボプログラム『PLAN B』が、コロナ禍によって未曾有の危機にあるカルチャー/エンターテイメント業界の未来への希望を込め、 S/U/P/E/R/ DOMMUNEで8/6(木)に無観客での無料ライブ配信を行う。

中目黒solfaで現場+配信で開催されるパーティーシリーズ『PLAY IT LOUD AGAIN』が開催 | Aru-2、BUDAMUNK、DJ QUIETSTORM、SEX山口、submerseなども出演

東京・中目黒solfaの営業再開と共にお披露目された同じ中目黒に店を構える. . . . .Research GENERAL
STOREとのコラボTシャツ。そのTシャツに綴られていた「PLAY IT LOUD AGAIN」をテーマにした現場+配信でのパーティーシリーズが7/1(水)から10日間連続で...

【インタビュー】Aru-2 & 日本横丁 『Little Heaven』|能動的・開放的

6/10(水)にビートメイカーとしての活動を中心に、近年はシンガーとしての才能も発揮しているAru-2がフルアルバム『Little Heaven』をリリースした。これまでに自身名義やコラボレーション作品を数多くリリースしてきたAru-2。本作には親交の深いKID FRESINO、Campanella...

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。