The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by MASS-HOLE

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010's』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回は、オーセンティックかつハードなビートやラップでヘッズを魅了し続け、今もなお日本のHIP HOPシーン最前線で活躍するビートメイカー/ラッパーのMASS-HOLE。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by MASS-HOLE

Lloyd Banks - "The Big Withdraw LP (Remastered)"

コメント

振り返りきれないので最近の印象に残ったものを挙げます。

「もう俺はいいよ。。」

本心かジョークかわからないtweetをかまし、往年のファンをやきもきさせたLloyd。このリマスター盤は福岡のDJ SHOEから「MASSさんはgriseldaよりここら辺だけ聞いていてほしいです。」と言われ早速チェックした。本作は2005年の作品。めまぐるしく音楽性が移行する世界。例えが変ですが、80sのオリジネーターたちは90sのフレッシュマンたちが出てきたころはどんな気分だったのか?そんな気持ちにさせるALBUMでした。あと、dreやblackmilkが参加してるあたり、この時期には土地柄の壁はもうなかったんだなぁと。

2020年代はどのように過ごしたい?

自由が売りのhiphopなので総じて自由にhiphopをやってきます。年代、スタイル関係なくワックには鎮魂歌を送り、ヘッズには讃美歌を。

MASS-HOLE

medulla/midnightmealrecords/WDsounds/1982s/kingpinz/fourhorsemen
wintown信州松本。MC,DJ,TRACKMAKER。

rap album
[PAReDE]
[kingpinz]
[four heavenly kings]

beat album
[0263bullets]
[blue tape]
[80+2]
[agata tape]

remixalbum
[ERA VS MASS-HOLE]
[1982s MASS-HOLE VS ISSUGi]

楽曲提供
kandytown,c.o.s.a,yuksta-ill,mikris,b.d.,仙人掌,covan,issugi,ramb camp,willie the kid,mulbe,mega-g他

related

MASS-HOLEの2ndアルバム『ze belle』からISSUGIを迎えた"82dogs"のミュージックビデオが公開

長野・松本のラッパー・プロデューサー・DJのMASS-HOLEが、1/27(水)にリリースする2ndアルバム『ze belle』からISSUGIを迎えた"82dogs"のミュージックビデオを公開した。

MASS-HOLEの2ndラップアルバム『ze belle』が来年1月にリリース | ISSUGIやCOVAN、Shoko & The Akillaなどが参加

長野・松本を代表するラッパーでプロデューサー、DJのMASS-HOLEが来年1/20(水)に2ndラップアルバム『ze belle』をリリースする。

MASS-HOLEがビートアルバム『2MIX 4BATTLE』をリリース

日本のリアルなヒップホップを体現するビートメイカー/DJのMASS-HOLE(マスホール)が、ビートアルバム『2MIX 4BATTLE』をリリースした。 ラッパーとしても活躍するMASS-HOLEは、ビートメイカーとしても日本のヒップホップシーンにて数々の功績を残してきた。主にサンプリングを軸...

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。