Futuraが日本で20年ぶりの個展を開催 | 初の親子合同展示も

グラフィティーの黎明期から活動しているパイオニアであるFuturaが、日本での20年ぶりの個展『GENERATION Z』を東京・原宿のギャラリーThe Massで11/16(土)から1ヶ月間にわたり開催する。

© Futura, PASMO, 2019 (181.8×227.3×3.8 cm)

約20年ぶりに日本で開催される本展覧会では、4つの異なる彫刻作品や、2019年の日本滞在中に制作された27点のコミッションワークも展示する。Futuraは「およそ20年前のコマンドZの展覧会が開催されたのは2000年の始めであり、その時代にジェネレー ションZが生まれる。」と自分自身の過去を振り返る事と同時に、未来を見る事も大事だ と思っていると話し、制作について次のように語っている。

「グラフィティは自分の存在意義を確認するためのものだった。自分の名前を世界中に知らしめたかった。名を轟かせたかったんだ。ただ諦めずに創り続けること。立ち止まらず、ひたすらに創り続けるんだ。」

© Futura, SPRAYMASTERZ, 2019 (164×227.3×4.8 cm)
© Futura, POST PRODUCTION, 2019 (90×150×4.8 cm)

この展覧会ではFuturaの息子であり13th Witnessの名で知られるフォトグラファー、Timothy McGurrの作品も展示予定で、親子での合同展示は初の試みとなる。

Info

FUTURA
GENERATION Z

開催期間:2019年11月16日(土) - 12月15日(日)
開館時間:12時~19時
閉館日:火曜日・水曜日
開催場所:The Mass(東京都渋谷区神宮前5-11-1)
http://themass.jp/

related

国内外の人気ブランド・ショップへのグラフィック提供でも知られるSHINKNOWNSUKEによる個展『予期せぬ紆余曲折』が幡ヶ谷 communeで開催

東京在住のグラフィックデザイナー/アーティストのSHINKNOWNSUKEは、これまでにMIN-NANOやSUPPLY、BEND等の人気ショップやBOTT、Better、Divinities、Heads Magazine、The Good Company、GOODHOODなど国内外のブランドへのグラフィック提供で知られている。

『修羅雪姫』や『同棲時代』などで知られる夭逝した漫画家・上村一夫の展示が代官山蔦屋書店で開催

45歳という若さで亡くなりながら『修羅雪姫』や『同棲時代』などの作品で名を残す漫画家の上村一夫の生誕80周年プロジェクトとして、アートエキシビジョン『manazashi』が代官山蔦屋書店にて7/24(金)から開催される。

Koji Yamaguchiによる個展『見えている、見えていない』がSALT AND PEPPERで開催中

NYから日本に活動の拠点を移したアーティストKoji Yamaguchiが、個展『見えている、見えていない』を東京・恵比寿のSALT AND PEPPERで開催中だ。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。