【特集】Manhattan Portageの音楽プロジェクト『City Connection』の出演者がチョイスする「都市の音楽」

ニューヨーク生まれのバッグブランドManhattan Portageが都市型音楽プロジェクト『City Connection』を10/22(火/祝)に代官山UNITの3フロアで開催する。

出演者はtofubeatsやD.A.N.、in-d、PAELLASなどに加え、MUROやokadada、WONKのHikaru Arata、ZEN-LA-ROCK、G.RINA、鎮座DOPENESSによるユニットFNCY、LIQUIDROOMでのワンマン公演を終えたLicaxxx、underslowjamsに加え、Yuka Mizuharaがなどが決定している。また、解散が決定したPAELLASは残されたギグは『City Connection』を含めてわずか3本ということで、ファンならずとも必見のライヴとなりそうだ。

今回は多彩な出演者の中から、Disk Nagataki、DJ SARASA、doooo、in-d、okadada、tofubeats、YonYon、Yuka Mizuharaの計8名をピックアップ。それぞれが考える「都市の音楽」を紹介していく。

 

Disk Nagataki


SWV - "Weak"

コメント

エレピサウンドとリバーヴ感の都会っぽさが最高。夜の空港とかで聴きたい曲です。

 

DJ SARASA

Big Pooh - "Heart of the city"

コメント

都会でサバイブする厳しさと冷たさが来たる冬にぴったりだと思って選曲しました。

 

doooo

BE THE VOICE - "Tell me about you"

コメント

岩手から東京に引っ越して来た時に沢山聴いてたので選ばせて頂きました。大都市に来たんだというワクワクした気持ちは今でも忘れません。ミュージックビデオも含め都市の音楽感があると思います。とても素敵な曲です。

 

in-d

Ralph - "Cold to the Touch"

コメント

1年ほど前に、都内で散歩する時によく聴いてました。

 

okadada

Tasho Ishi - "Dentsu2060"

コメント

「都市の音楽」といっても「都市に生きる人の為の音楽」なのか、「想像としての都市の音楽」なのか「都市そのものの音楽」でそれぞれ違うと思う。これは都市そのものの音楽で、あと現代の東京で聞くのがいいと思います。

 

tofubeats

野宮真貴 - "東京は夜の七時"

コメント

Pizzicato Fiveによる原曲は公式でMV上がってなかったのでこちらを。東京には小西さんや野宮さんみたいな大人しかいないんじゃないか、と不安に思っていた頃を思い出します。待ち合わせたレストランは潰れてなくなってしまう…枠組みは残り、中身は入れ替わり続ける、そんな都市に捧げられた音楽だと思います。

 

YonYon

CIFIKA - "MOMOM feat. OHHYUK"

コメント

力強いリリックとは対照にどこかインダストリアルなサウンドが都市らしいと思いました。

 

Yuka Mizuhara

沢田研二 - "TOKIO"

コメント

私がいま都市の音楽と聞いてピンときたのは1980年にリリースされた沢田研二さんの"TOKIO"です!「欲しいものなら何もかもその手にできるよAtoZ 夢を飼う恋人に奇跡をうみだす スーパーシティー」という歌詞に心を打たれました!都会ならではの無限性や奇跡の喜びを感じられるとっても勇気を与えてくれるパワフルな音楽だと感じます。

 

Info

『City Connection powered by Manhattan Portage』

Day:2019.10.22 (火/祝)
Time:14:00 ‒ 21:00
Place:UNIT/SALOON/B1FLAT
前売3800円・当日4300円・別途ドリンク代600円

D.A.N. -DJ set-
Disk Nagataki (tokyovitamin)
DJ SARASA -NEW-
doooo (CreativeDrugStore)
FNCY (ZEN-LA-ROCK/G.RINA/鎮座DOPENESS) -NEW-
Hikaru Arata (WONK)
in-d (THE OTOGIBANASHI’S/CreativeDrugStore)
Licaxxx
MURO
okadada
PAELLAS
tofubeats -Live set-
underslowjams
YonYon
Yuka Mizuhara
YUKIBEB (Soulection)

RELATED

UMBRO × Diaspora skateboards × BEAMS Tのトリプルコラボレ ーションの第3弾が発売|ルックのモデルにはin-dを起用

BEAMSにて、11月16日(土)からUMBRO × Diaspora skateboards × BEAMS Tのトリプルコラボレーションの第3弾を発売される。今回は、様々なヨーロッパのフットボールカルチャーを色濃く反映させたコレクションとなっており、L/S Tシャツ、ゲームシャツ、アノラック型セ...

【イベントスナップ】『City Connection』|Manhattan Portageが提案する都市型音楽プロジェクト

ニューヨーク生まれのバッグブランドManhattan Portageの都市型音楽プロジェクト『City Connection』が10/22(火/祝)に、代官山UNITにて開催された。 出演者はtofubeatsやD.A.N.、in-d、PAELLASなどに加え、MUROやokadada、WON...

大比良瑞希がtofubeatsプロデュースの新曲"無重力"のミュージックビデオを公開

大比良瑞希が"アロエの花"のリミックスを担当したtofubeatsがプロデュースする新曲"無重力"を本日リリースし、ミュージックビデオも公開した。 今回の楽曲は自由を謳歌しながら生きる女性の感情の機微をビターなストーリー仕立てで、宇宙を舞台に90年代のグラウンドビート、ラヴァーズロック・フレイ...

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。