Travis Scottが『Astroworld』でのサンプリングをめぐるDJ Paulとの裁判に合意|今週金曜日に新曲のリリースも予告

今年4月、メンフィスの伝説的グループThree 6 MafiaのメンバーであるDJ PaulがTravis Scottを相手取り訴訟を起こしたことを覚えているだろうか?アルバム『Astroworld』収録曲である“NO BYSTANDERS”にて用いられた“Fuck the club up”というフレーズがThree 6 Mafiaの代表曲“Tear Da Club Up”を無断で引用しているとして起こされたこの裁判が今回、和解という形で落ち着いたようだ。

Complexによると、Travis ScottとDJ Paulの裁判に関する裁判所の文書にて二人が「暫定的な和解」を迎えたことが明かされたという。文書によれば二人は後30日以内に和解の書類にサインする必要があり、この期間が過ぎるとTravis側がDJ Paulに支払う金額が確定、いずれにせよ裁判が終結することとなる。

DJ PaulはComplexに対し「Travisと俺は少し前に落ち着いて、今はただ手続きを待っている」と語り、さらに「俺たちにはお互いに納得が行く数字がある。彼との今後のコラボレーションを楽しみにしてるよ」として、争いの終結を宣言するばかりか今後の共演やフィーチャリングまで示唆している。どうやら二人の間にわだかまりが残る結果は避けられたらしい。

さらにTravisは自身のInstagramにて、Lil Babyをフィーチャーした新曲“HIGHEST IN THE ROOM”を今週金曜日にリリースすると予告。アートワークも公開された。

 

この投稿をInstagramで見る

 

‘ DROP HIGHEST ‘ - bet See u on the 4th

flameさん(@travisscott)がシェアした投稿 -

今後もTravis Scottの動きから目を離さず、注目し続ける必要がありそうだ。

related

Travis Scottの『Astroworld Festival』がApple Musicにて独占ライブ配信

Travis Scottの『Astroworld Festival』がApple Musicにて日本時間の11月6日午前11時より世界各国に向けて独占ライブ配信される。

Travis Scottが映像プロダクションA24と契約|映像作品『Utopia』を発表か

Travis Scottが、映画『ムーンライト』や『ミッドサマー』、ドラマ『ユーフォリア』をはじめ数々の作品を発表してきたプロダクションA24と契約したことが明らかになり話題を呼んでいる。

Travis ScottとDIORのコラボレーションコレクションが発表

DIORがサマー 2022メンズ コレクションで、Trvais Scottとのコラボレーションを行うと発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。