長場雄が四国で初の個展を開催 | テーマは「酒」

長場雄はイラストレーターやアーティストとして個展を開催する他、雑誌、広告、様々なブランドとのコラボレーションなど領域を問わず幅広く活動している。そんな長場が四国での初個展を高知のOKYAKUで開催する。

今回の展示作品は、ショップの名前の由来にもなっている高知の「おきゃく」文化にちなみ、「酒」をテーマに描いたもの。映画や音楽にはお酒がつきものであると考える長場は、自身が影響を受けてきた映画や音楽から、お酒にまつわるシーンを選び、制作したもの。

ほぼ全て描き下ろしとなる今回の展示では、遊び心溢れるポストカードサイズの作品群と大きいサイズの作品数点を展示販売予定。さらに展示を記念し、高知県指定文化財である土佐典具帖紙(とさてんぐじょうし)の伝統を受け継ぐ浜田兄弟和紙製作所/HAMADAWASHIの和紙に長場のイラストがプリントされた、コラボレーションポスターも制作。ポスターは高知・蔦屋書店2Fの浜田和紙専用コーナーにて先行販売されます。それに伴い、2019年10月10日19時~20時、高知 蔦屋書店でサイン会も行われる予定だ。

Info

「長場 雄」EXHIBITION @ OKYAKU
2019年10月12日 ~ 11月10日

RELATED

中條祐樹、緒方数馬、山瀬まゆみによる「家」をテーマとした展覧会『Country vista』が開催

建築とプロダクトが掛け合わさる、コンセプチャルな立体作品を造形する中條祐樹、ファウンドオブジェクト、既存のプロダクトを独自のバランス感覚で積み上げたり拘束したりする方法にて立体作品を制作する緒方数馬、抽象的なペインティングとソフトスカルプチャーを主に、相対するリアリティ(肉体)と目に見えないファンタジーや想像をコンセプトに制作する山瀬まゆみの3人による展覧会『Country vista』が、12/7(土)から東京・中目黒のCOMPLEXBOOSTで開催となる。

NANOOKとGoichi Hosakaによる合同展示『It’s Ours』が開催

東京をベースに活動するNANOOKとGoichi Hosakaによる合同展示『It’s Ours』が、11/28(木)から六本木のClear Gallery Tokyoで開催される。

日常と非日常の境界意識をテーマにするAndy Misterの新刊発売記念展が開催中

NY州ビーコン在住のアーティストAndy Misterの新刊『Distorted Ghosts』の発売を記念した展示が、幡ヶ谷のgallery communeで開催中だ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。