故Mac Millerにドラッグを販売していた人物が逮捕される

昨年9月にドラッグのオーバードーズによって命を落としたMac Miller。彼にドラッグを販売していた人物が今回、彼の死の原因として逮捕され罪に問われていることが報じられた。

Mac Millerの死はザナックス、オキシコドン、ヒドロコドン、アデロールなどの向精神薬とコカイン、アルコールを同時に大量摂取したことによると報道されている。XXLによると、それらの薬物を彼の死の2日前に販売したプッシャーのCameron James Pettitという人物が逮捕され、Mac Millerのオーバードーズによる死を招いた直接的な原因として告発されている。

Cameron James Pettitは28歳の男性で、フェンタニルが混入したオキシコドンの錠剤をMac Millerに売りつけていた。検察は彼がMac Millerと死の2日前に接触していたことや、その後InstagramでMac Millerの死についての投稿を行っていたことを問題視しているようだ。文書によると、彼は取り調べに対し「俺はグレートじゃないし、きっと牢獄の中で死ぬだろう」と語っていたとのこと。

一時は他殺のも発生するなど謎に包まれた部分の多いMac Millerの死。ドラッグを販売した人物が彼の死の原因を作ったと直接的に言い切ることも難しいが、裁判の結果が気になるところだ。

related

故Mac Millerの遺作『Swimming』と『Circle』のアナログボックスセット『Swimming in Circles』が発売

2018年、突如としてこの世を去ったMac Miller。彼が死の直前にリリースしたアルバム『Swimming』と、今年1月に最後のアルバムとしてリリースされた『Circles』の2作のアナログバージョンをまとめたボックスセットの発売が、Mac Millerの遺族によって発表された。

故Mac Millerのデビューミックステープ『K.I.D.S.』の10周年を記念しアナログバージョンがリリース|未発表曲2曲を追加したデラックスバージョンも配信

2018年にこの世を去ったMac Millerのデビューミックステープ『K.I.D.S.』のリリースから、今年で10周年。今回、そんな同作のアナログバージョンと、未発表曲2曲を追加したデラックスエディションがリリースとなった。

Ariana Grandeが故Mac Millerについて「彼にとって音楽以上に大切なものは無かった」と語る

2018年に薬物の過剰摂取によって命を落としたMac Miller。生前の彼について、かつての交際相手であり先日はJustin Bieberとのコラボ曲”Stuck with U“をリリースしたAriana Grandeが語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。