Travis ScottはCardi Bにグラミー賞を奪われたことに対して怒ってはいないと関係者が明かす

先週、Netflixにて公開されたTravis Scottのドキュメンタリー『Look Mom I Can Fly』。その中で、Travis Scottがグラミー賞の最優秀ラップアルバム部門を逃す場面があるのだが、現在そのシーンが波紋を呼んでいる。

ドキュメンタリーをすでに観た人は知っているだろうが、Travisが昨年リリースしたアルバム『Astroworld』はグラミー賞の最優秀ラップアルバム部門にノミネートされたものの、最終的に同賞を受賞したのはCardi Bの『Invasion of Privacy』だった。ドキュメンタリーでは受賞を逃し、落ち込むTravisの様子が映されるのだが、現在、それを受けた彼のファンがCardiを批判するという事態が起こってしまっている。

批判を受けたCardiは自身のTwitterにツイートを投稿。


「私は勝つことやグラミー賞すら考えていなかった。私は皆ががっかりしないかとか私自身がアルバムをリリースした後もキャリアを続けられるかどうか、このアルバムが私を作るのか壊すのかっていうことしか考えられなかった」と当時、彼女自身はグラミーのことを考える余裕など無かったことを明かしている。

そんな中、TMZがTravisの関係者に上記のシーンについて取材を試みている。関係者によると、あのシーンはあくまでも彼の個人的な感情によるものではなく、彼自身が『Astroworld』に費やした努力が報われなかったことに対する怒りであり、当時の彼はただ勝ちたいと思っていたとのこと。要するにTravisはCardiに対する怒りは抱いておらず、あくまで受賞を逃したことを悔やんでいるだけだったようだ。

TravisもCardiもお互い全力を注ぎ込んで制作したアルバムであることに違いは無く、賞は後から付いてくるものである。それに関してファンがとやかく言うのはお門違いもいいところだ。これで今回の騒動は鎮静化するだろうが、ファン達は自身の好きなアーティストを応援するために、他のアーティストを貶めるのは違うということに気づくべきだったといえるだろう。

related

Travis Scottが映像プロダクションA24と契約|映像作品『Utopia』を発表か

Travis Scottが、映画『ムーンライト』や『ミッドサマー』、ドラマ『ユーフォリア』をはじめ数々の作品を発表してきたプロダクションA24と契約したことが明らかになり話題を呼んでいる。

Travis ScottとDIORのコラボレーションコレクションが発表

DIORがサマー 2022メンズ コレクションで、Trvais Scottとのコラボレーションを行うと発表した。

ReebokとCardi Bのコラボコレクションから初のウェアが登場|コラボClub Cも

Reebokグローバルアンバサダーを務め、世界的に活躍する新進気鋭のラッパーCardi Bとのコラボレーションコレク ショ『Reebok × Cardi B』より、初のアパレル展開となる『Summertime Fine Collection』と、人気シューズClub C Cardiの新作モデルが、4月24 日(土)より発売される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。