Lil Babyが一転してGunnaに金を払いリリックを書いてもらっていたことを否定

先日、Lil Babyがラップを始めたころGunnaに100ドルを払い、リリックを書いてもらっていたことを明かし、話題になったのは記憶に新しい。ゴーストライターの存在は現在のヒップホップシーンにおいてはそれほど珍しくはないものの、時にビーフの種ともなりえるため上記の彼の発言は少々物議を醸していた。そんな中、Big Boy TVの最新インタビューに登場したLil Babyが一転してGunnaに作詞してもらっていたことを否定している。

事の発端は、彼が16 Barsのインタビューに登場した際に語った「俺はGunnaに自分のリリックを書いてもらうために金を払った」との発言だった。その時、Lil Babyはあくまでも楽曲制作の流れを学ぶためにGunnaにゴーストライターを頼んだと述べていたが、今回のインタビューではリリックを書いてもらうためにGunnaに金を支払ったことは一度も無いと一転して事実を否定している。

上記の動画の中で彼は「Gunnaが俺のために曲を書いたことは一度も無い」と述べ、続けて「彼(Gunna)は俺にラップはどういう風にするのかを見せてくれただけだ」とあくまでGunnaからはラップのやり方を教わっただけと語った。

金を払い歌詞を書いてもらうのと、ラップのやり方を教わるのとではだいぶ差異があるが、実際はどちらが事実なのだろうか。

ちなみにLil Babyは2018年のRolling StoneのインタビューにてGunnaについて「俺がラップを始めた頃、彼(Gunna)は俺にラップのやり方について沢山の知識を授けてくれた。彼は俺を手取り足取り助けてくれた。基本的なこと全てだ。どうやってレコーディングするのか、どうやってアドリブを入れるのか。1番基本的なことで言えば、曲を保存する方法、そしてその保存した曲を携帯に送る方法を教わった」と語っており、あらゆる面で助けてくれたことを明かしている。

いずれにせよ、ジョイントアルバムをリリースするほど両者の関係は良好であり、外野がとやかく言うことでもないような気がするが、改めてゴーストライターがコントラヴァーシャルな存在であることを再認識させられるような出来事であった。

related

バスケの腕前で批判を浴びたLil Babyがリベンジを誓う|「3ヶ月待ってくれ」とQuavo & Jack Harlowとの再戦を希望

先日開催され大きな話題を呼んだ、Quavo & Jack Harlow対2 Chainz & Lil Babyによるバスケの2オン2ゲーム。Quavoが14点と14リバウンド、4ブロックを記録する大活躍を見せた一方でLil Babyがシュートを大事な局面で何度も外し批判を浴びることとなったが、そんな彼の心はまだ折れていないようだ。

Lil Babyがバスケの試合でシュートを何度も外し批判を浴びる

先日開催されたQuavoとJack Harlow、2 ChainzとLil Babyによるバスケの2オン2ゲームは大きな話題となった。Quavoチームの勝利を受けChris Brownが彼らを挑発したことも報じられたが、その一方で、Lil Babyが試合でのプレーを批判されることとなっている。

A BATHING APE(R)とGunnaのコラボアイテムが発売

A BATHING APE(R)がトップラッパーとなったGunnaとのコラボでスペシャルなBAPE STA™とTシャツを発売する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。