Koji NakamuraことNyantoraとduennによる『Hardcore Ambience』が青森県の十和田市現代美術館で開催

Koji NakamuraことNyantoraと福岡のサウンドアーティストduennによる共催イベント『Hardcore Ambience』がスピンオフ企画を8月17日(土)に青森県の十和田市現代美術で開催する。

今回は美術家・津田翔平と、詩人・谷川俊太郎(音声出演)をコラボレーターに迎え、十和田市現代美術館にて現在開催中の企画展「ウソから出た、まこと − 地域を超えていま生まれ出るアート」のプログラムの一環として一夜限りのライヴパフォーマンスが行われる。

info

十和田市現代美術館〈 「地域アート」はどこにある? 〉プロジェクト 関連イベント
TOWADADA ライヴパフォーマンス

出演 | Nyantora / duenn / 津田翔平 / 谷川俊太郎(※音声出演)
日時 | 2019年8月17日(土) 19:00 - 20:00 ※開場18:30 / 開演 19:00
会場 | 十和田市現代美術館 休憩スペースcube café & shop
料金 | 前売 1500円※当日 2000円
定員 | 100名

related

NENEがEP『夢太郎』のリリースを記念してオンラインライブを開催 | Koji Nakamura、estra、Ryugo Ishidaが参加する実験的なマシーンバンドセットを披露

7月にソロEP『夢太郎』をリリースしたNENEが、同作から初披露となるライブを8/28(金)にオンラインで生配信する。

岡田拓郎とduennによるアルバム『都市計画(Urban Planning)』が9月にアナログリリース

デジタルのみでリリースされていた岡田拓郎とサウンドアーティストduennによるアルバム『都市計画(Urban Planning)』が、9月にアナログでリリースされることになった。 本作は「都市の音楽」をキーワードに現代において、生活の中に鳴らされるべきアンビエント・ミュージック(環境音楽)とは...

【特集】岡田拓郎 + duenn 『都市計画(Urban Planning)』| 2人が選ぶCOVID-19以降の都市の音楽

先日ソロアーティストとしての2ndアルバム『Morning Sun』のリリースをアナウンスした岡田拓郎と、Merzbow、Nyantoraと共に活動するエクスペリメンタルユニット3RENSAや多くの美術館、美術展への音楽提供などで知られるサウンドアーティストのduennによるコンセプトアルバム『都市...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。