Irv GottiがヒップホップシーンはLGBTQのアーティストを受け入れるべきだと語る

これまでJay-ZやKanye Westに楽曲を提供してきたプロデューサーであり、最近ではアメリカの人気TVチャンネルBETのドラマシリーズ『Tales』の監修も務めるIrv Gotti。そんな彼がTMZの取材に対し、ヒップホップシーンはLGBTQのアーティストを受け入れるべきだと語った。

ニューヨークの街角でTMZの直撃取材を受けたGottiは、LGBTQのアーティストについてどう思うか聞かれ「みんな気にしていないよ」と答え、続けて「20年前、30年前だったらショッキングなことだったろう。でも今は2019年だ、誰がそんなこと気にするんだ?どんな人であろうと、我々はその人自身を受け入れる」と今のヒップホップシーンは以前と比べ、性的マイノリティに対する偏見が無くなったと語っている。

確かに先日、自身のセクシュアリティを明かし大きな話題となったLil Nas Xをはじめ、Young M.AやKevin Abstract、Frank Oceanなど近年、様々なアーティストが自らのセクシュアリティを公言しており、ヒップホップシーンが性的マイノリティのアーティストに対し寛容になってきているのは事実だろう。

と同時に、ゲイであることを公言しているiLoveMakonnenがそのことをカミングアウトした際に、周囲からのサポートが全くなかったことを問題視する発言をしていることからも、少なからず現在のヒップホップシーンにもホモフォビアは残っていることも事実だ。

Gottiの言うように20年前、30年前と比較すればUSのシーンは確実に良くなっている。このまま、このような動きがさらに広がっていくことを願うばかりだ。

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。