Playboi Cartiの未発表音源5曲がApple Musicにリークされる

以前、Playboi Cartiの未発表曲“Pissy Pamper”が“Kid Cudi”というタイトルでリークされ、Spotifyのバイラルチャートで1位を記録してしまったという出来事を報じた。今回、彼の未発表曲がまたしてもリークされApple Musicにアップロードされてしまったようだ。

Geniusによると、Apple MusicにPlayboi Cartiの“Butterfly Pill”、 “T S**t” 、“A and L” 、“Hulk” 、 “Shortie N Luv” というタイトルがついた未発表曲5つがDJ EightBitという人物によってアップロードされたという。これらの5曲は以前別タイトルでリークされていた音源と同じもので、“Hulk”は“Green & Purple”というタイトルでTravis ScottによってSoundCloudにてオフィシャルリリースされている。

Carti本人は自身の音源がリークされることについて、Instagramのストーリーにて「ハッキングされた。何もリリースしていない。リークは嫌いだ。ほっといてくれ」と悲しみを露わにしている。

音源をApple Musicにリークした張本人にComplexがコンタクトを試みたところ、「リークした音源で儲けは出ていない」と金銭目的であることを否定しつつ「Cartiはみんなの注目を集める。これはファンサービスだ。どのサービスのユーザーも彼の大ファンだし、俺の行為が彼に、ファンがどれだけ彼の曲を楽しみにしているか伝えられたら良いと思ってるよ」と、あくまでファンとCarti本人のためにリークを行なったという身勝手な理屈を展開している。

Lil Uzi Vertの楽曲“Sanguine Paradise”がリークされた際には「今回のリークで新作が延期になる」と発表されるなど、アーティストにとって大きなダメージを受ける原因となる楽曲のリーク。いくらファンが新たな音源を望んでいたとしても、大人しく新作のリリースを待つことがアーティストの今後の活動の糧にもなるだろう。

RELATED

Pusha Tがリリース以前の新曲をリークされたことについて抗議

Playboi Cartiの未発表曲“Pissy Pamper”の違法アップロード音源がSpotifyのバイラルチャートで1位を獲得してしまうなど、シーンで問題視され続けている音源のリーク。先日はPlayboi CartiやLil Uzi Vertの音源をリークしていた人物が6万ドル以上の収益を得ていたことも報じられたが、そのような現状についてPusha Tが持論を述べている。

Playboi CartiやLil Uzi Vertの楽曲をストリーミングサービスにリークしていた人物がこれまでに6万ドル以上の収益を得ていたことが判明

以前、Playboi CartiとYung Nudyの未発表曲“Pissy Pamper”のリーク音源がSpotifyに違法アップロードされ、バイラルチャートで1位を獲得してしまうという出来事が起こった。他にもLil Uzi Vertの“Sanguine Paradise”が公式リリース前にリークされてしまうなど、ヒップホップシーンで音源のリークは大きな問題となっている。今回、Pitchforkからリークによってアーティストが受ける損害に迫った記事が公開された。

Playboi Cartiが「あと60日以内にアルバムをリリースする」と発言

昨年のアルバム『Die Lit』以来まとまったリリースの無いPlayboi Cartiが、ライブ中に新作の発表をアナウンスしたことが明らかとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。