Chance The Rapperが自身の新作を酷評したファンをTwitter上でこき下ろす

先月にTisaKoreanをフィーチャリングした新曲“GRoCERIES”をリリースし、今夏に4枚目となるアルバムのリリースが予定されているChance The Rapper。そんな彼が今月12日、ツイッター上でファンと口論になったようだ。

ファンと名乗るアカウントはChanceに対し、「(Chanceの新作に対して)いろんな意見があるだろうが、あなたが10日前にファンを悲しませたような言動やエゴは新作のクオリティーに反映されているように思います。」と発言し、Chanceがファンを蔑ろにした事を取り上げ、その精神性が音楽にも反映されている、と暗に作品を酷評している。それに対しChanceは一言、「しゃぶれ」と軽くあしらった。

しかしやり取りはそこで留まらず、Chanceは反論を重ねるファンを「アーティストが自分自身の為に音楽を作ってくれていると勘違いしている甘やかされてきたガキ」と呼び、やり取りはさらにヒートアップする形となった。

あまりの攻撃的なChanceのツイートに対して一部のファンからは、Chanceがハッキングされているのではないかという声も上がったが、これに対しChanceは直接「いや、俺だよ」とハッキングを否定している。

RELATED

Chance The RapperがNicki MinajとCardi Bのビーフについて語る

先日、家族との時間を過ごすためツアーを延期すると発表したばかりのChance The Rapper。そんな彼が今週木曜日、『Big Boy TV』のインタビューに登場。Nicki MinajとCardi B、それぞれについて語っている。

Chance The Rapperが家族との時間を過ごすためツアーを来年まで延期すると発表

今年7月に待望の1stアルバム『The Big Day』をリリースしたChance The Rapperが、同作のリリースツアーを2020年まで延期することを発表した。

Chance The Rapperが「俺はJay-Zがプロデュースするハーフタイムショーには出ない」と発言

人種差別に抗議したコリン・キャパニック選手の処遇が批判を浴びたNFL。それに伴い昨年のスーパーボウルハーフタイムショーでは多くのアーティストが出演を拒否したことが報じられた。その打開策としてNFLはJay-ZとRoc-Nationにハーフタイムショーのプロデュースを任せたようだが、それでも出演に意欲を示さないアーティストはいるようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。