Bupponと¥ellow Bucksのリリパも兼ねたKojoeによるパーティー『闇市 - bla9 marke2』が開催

7/14(日・祝前日)に東京・渋谷のasiaでパーティー『闇市 - bla9 marke2』が開催される。

このパーティーのフィクサーのKojoeがエグゼクティブプロデューサーを務めたことでも話題になったBupponのサードアルバム『enDroll』、『ラップスタァ誕生』サードシーズンの王者 ¥ellow BucksのEP『To The Top』のダブルリリースパーティーも兼ねている。

ライヴに定評のある2人に加えて、仙人掌やMukuroもパフォーマンスを披露。さらにAru2やillmore, Aaron ChoulaiにFitz Ambroseなどと実力者だけを集めたビートライヴも必見の一夜となる。

現在、iFLYERにて発売中の前売りチケットは枚数に達し次第、販売終了となるのでお早めに。

Info

J.Studio Presents
“bla9 marke2”
「Buppon & ¥ellow Bucks W.Release Party」

日時:2019年7月14日(祝前日・日)
OPEN 23:00/ START 24:00
会場:東京・渋谷 Club Asia
料金:前売 2,500円 ( http://ifyr.tv/X1k2c ) / 当日 3,000円 (共に1D代別)

Main Stage
- Special Release Live -
Buppon
¥ellow Bucks

Guest Live
仙人掌
Mukuro
ID

- Beat Live -
Aru2
illmore
Aaron Choulai
Fitz Ambrose
FKD

- DJ -
POM

2F
- DJ -
Soushi
9incy
DJ Saw
Shingen
high-tone
Ka-bo

1F
- DJ -
DJ URUMA
NINA
North
Kaito
Lu-q
Youheyhey

Shop
Not For Sale

Food
otototabby

Fixer
Kojoe

INFORMATION :
Club Asia
http://asia.iflyer.jp/venue/flyer/315344

チケット情報 :
下記プレイガイドにて発売中!

▼iFLYER
https://iflyer.zaiko.io/_item/315344

related

¥ELLOW BUCKSとDJ RYOWによるダブルネームシングルがリリース | "Need A Dr"のミュージックビデオもプレミア公開

『ラップスタア誕生』のシーズン3の覇者で待望のファーストアルバムをリリースしたばかりの¥ELLOW BUCKSと、同じ東海エリア出身で日本を代表するDJでプロデューサーのDJ RYOWによるダブルネームシングル『GAMBLE | Need A Dr』が本日10/9(金)にリリースされた。

Kojoe、B.D.、ELIONE、¥ellow Bucksが参加し、Statik Selektahがプロデュースした新曲"T.K.N.Y."のミュージックビデオが公開 | NYのブランドTHUMPERSとManhattan Recordsのコラボ企画

日本でも人気を博したNYのストリートブランド・ショップALIFEのデザイン・ディレクターを務めていた Jesse Villanueva が、今までの経験やファッションシーンを駆け抜けた過去から立ち上げた自身のブランドTHUMPERS(サンパース)と、今年で創業40周年を迎える渋谷宇田川町の老舗レコードショップ/音楽レーベルManhattan Recrodsがコラボしたアイテムを発売。

¥ellow Bucksが1stアルバム『Jungle』を今月リリース | Jin Dogg、MIYACHI、Shurkn Papなども参加

新世代の東海シーンを代表するラッパーの¥ellow Bucksが、8/19(水)に1stアルバム『Jungle』をリリースすると発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。