アラバマ州の妊娠中絶禁止法成立を受けてTravis Scottがグッズの売り上げを全て妊娠中絶を行うNPOに寄付することを発表

先日、アラバマ州で成立した妊娠中絶禁止法。性犯罪による望まない妊娠を含め妊娠中絶を完全に禁止するこの法律に対しRihanna、Lady Gaga、Billie Eilishを始めとする女性アーティストたちが抗議の声を上げていることが報じられているが、そんな中Travis Scottが自身のマーチャンダイズの売り上げを全て妊娠中絶や経口避妊薬の処方を行うNPO団体Planned Parenthoodに寄付することを発表した。

Complexによると、Houngout Festivalに出演したTravis Scottはライブ中に「今日は、俺のグッズの売り上げを全てPlanned Parenthoodに寄付しようと思ってる。俺はみんなを愛してるし、みんなにも愛が俺たちの持てる中で最も強い物だってことを知ってほしい」と発表。その後自身が参加したSZAの“Love Galore”をパフォーマンスし、観客からは大きな歓声が上がっている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

La Flame speaks 🗣❤️🤘🔥 [📸 by @ryanpostas]

Our Generation Music 🔰さん(@ourgenerationmusictv)がシェアした投稿 -

Travis Scottは妊娠中絶禁止法に対して直接的な言及を行なっていないが、Offsetは自身のTwitterにて「新しい法律は奴隷制だ。レイプの被害者に子供を持つことを強いるのは奴隷制だし、俺はアメリカ出身だということを誇りを持って言えない」と、アラバマ州の決定に対し怒りを直接的に表明している。

様々なアーティストが声を上げ、また各々の方法で反対運動や妊娠中絶を行う医師、団体へのサポートに動き出しているようだ。悲観的にならざるを得ないアメリカの現状だが、このようにアーティストたちが率先して動きそれにファンたちが続くことによって、何かが変わっていくこともあるかもしれない。

RELATED

Offsetが自身を盗撮しようとしたファンのスマホを叩き落したことで逮捕状を出される

アーティストを街で見かけた際に盗撮しようとしてアーティストとのトラブルが発生することは多い。以前はEarl Sweatshirtが自身を撮影しようとしたファンの携帯をはたき落したことが報じられたが、それと全く同じ行動に出たOffsetが思わぬ危機に瀕しているようだ。

Offsetが23年越しに実の父親と和解

Cardi Bとの間に生まれたKultureちゃんを含め4人の子供の父親であるOffset。そんな彼が、長らく複雑な関係にあった自身の実父と感動的な再会を果たしたようだ。

Three 6 MafiaのDJ Paulが自身のフレーズを不正利用されたとしてTravis Scottを訴える

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scott『Astroworld』。同作に収録された楽曲“NO BYSTANDERS”が原因で、トラブルが発生しているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。