「Nicki Minajとの仲直りはあるか?」と尋ねられたCardi Bが沈黙のまま不敵な笑みを浮かべ続ける

今月12日に開催されたイベントSwisher Sweets Artist ProjectでVarietyがCardi Bに対してインタビューを行った。その中でインタビュアーは、去年からビーフ状態にあるNicki Minajとの関係に踏み込んだそうだ。

インタビューはCardi Bのトランプに対する見解や、次回作に関する内容で途中まで順調に進むが、インタビュアーから「Nickiとのビーフが解消され、一緒にパフォーマンスする可能性はありますか?」と質問を受けると、突然CardiBは口を閉ざし、なんとも言えない沈黙が生まれた。沈黙に耐えかねたインタビュアーが、Cardi Bのキャッチフレーズである「Okurrr」を投げかけるとようやくCardi Bは笑い始める。しかし、その後15秒間に渡って不敵な笑みを浮かべ続けるだけで、質問に対して何も答える事なくインタビューは終了した。

Cardi BとNicki Minajのビーフは去年9月頃から始まり、NYで開催されたICON’S パーティでは取っ組み合いの喧嘩に発展するなど、二大フィメールラッパーが激しく争う様子は大きな話題を呼んでいた。今回の態度を見ると、復縁に対してポジティブな姿勢だとは思えないが果たしていつまでこのビーフは続くのだろうか?

RELATED

Jermaine Dupriが新世代のフィメールラッパーを「ストリッパーがラップしているように見える」と評する|Cardi BやDoja Catらが抗議を表明

古くから活動しているアーティストはしばしば、現在第一線で活躍している若いアーティストたちに対し良い感情を抱かないことがある。今回、サウスの大物であるJermaine Dupriが新世代のフィメールラッパーたちに苦言を呈し、論争を呼んでいる。 People Nowのインタビューに登場したJerm...

Cardi Bのトレードマーク「Okurrr!」の商標登録申請が却下される

Kim Kardashianによる「Kimono」騒動を始め、商標登録を巡るトラブルが散見される今日この頃。そんな中、今年初めにCardi Bが行った自身のキャッチフレーズ「Okurrr!」の商標登録申請が却下されてしまったようだ。 Complexの記事によると、アメリカ特許商標局は「Okur...

Cardi Bが「ここ2年間自分が自分じゃなかった気がして悲しい」と語る

今やアメリカの音楽シーンを代表するスーパースターとなったCardi B。チャート上の記録も数多く打ち立て絶好調とも言えるキャリアを歩んでいる彼女だが、スターでいることに苦しみも抱えているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。