YGが故Nipsey Hussleの墓の隣でマリファナを吸い追悼を行う

4月1日に命を落としたことが報じられて以来、多くのアーティストがNipsey Hussleの追悼を行なっている。そんな中、生前の彼と”FDT“などの楽曲をリリースし盟友としても知られたYGが、彼の墓の横でマリファナを吸い追悼を行なったようだ。

XXLによるとYGは先週土曜日、Instagramに友人たちと共にNipseyの墓を訪れる模様を公開。墓の横でブラントに火をつけ吸いながら、亡くなった盟友に思いを馳せている。

#yg smoked with #nipseyhussle for the last time 🙏🏾🕊🏁🏁🏁🏁 #ripnipseyhussle

DJVONTVさん(@djvontv)がシェアした投稿 -

先日はInstagramで「誰に何と言われようと、俺は受け入れられない。まだ死ぬときじゃなかった」とNipseyを悼むメッセージを公開し、さらに『2 OF AMERIKKKAZ MOST WANTED』というコラボアルバムを計画していたことも明かしたYG。悲しみが癒えることは無さそうだが、今回の追悼も生前の二人がどのような時間を過ごしていたのかを想像させるような、いかにもYGらしい物である。

YGはNipseyの死に伴い新作のリリースを遅らせることもアナウンスしていた。友人の死を受け入れるにはまだ時間がかかりそうだが、新しいアルバムの内容も気になるところだ。

RELATED

Big Seanが故Nipsey Hussleを殺害したと見られる容疑者に対し「お前は一時的な問題を解決するためだけに取り返しのつかないことをした」と非難

今年の4月1日、銃撃を受け、突如としてこの世を去った故Nipsey Hussle。彼に対してはYGをはじめ、Snoop Doggなど多くのアーティストが追悼を行い、ヒップホップシーンは彼を失った悲しみに包まれた。そんな中、Big SeanがNipseyを殺害した人物に対して自身の考えを述べている。

T.I.がNipsey Hussleの死を「アベンジャーズからアイアンマンがいなくなるようなもの」と語る

ヒップホップシーン全体に衝撃を与えたNipsey Hussleの突然の死。それから一ヶ月以上が経過した今、T.I.がNipsey Hussleの功績について改めて語ったことが話題となっている。

Jimmy KimmelがYGのギャングスタなリリックをお年寄りのために翻訳する

先日リリースされた新曲“Go Loko”が話題となっているYG。そんな彼は攻撃的なリリックとサグなスタイルで知られるラッパーだが、今回、“Go Loko”のリリックを人気コメディアンJimmy Kimmelがお年寄り向けに「翻訳」することを試みている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。