Lil Uzi Vertの新曲を手がけたプロデューサーが「『Eternal Atake』には11の別バージョンがある」と明かす

レーベルGeneration Nowとの契約問題によって楽曲をリリース出来ない状況に陥りながらも、Jay-ZのレーベルRoc Nationとのマネージメント契約を結び待望の新曲“Sanguine Paradise”と“That’s a Rack”をリリースしたLil Uzi Vert。そんな彼のリリースが待たれる新作『Eternal Atake』について、新曲のビートを手がけたプロデューサーが驚くべきことを語っている。

先日発表された新曲2つを手がけたフィラデルフィアのコレクティブWorking On DyingのメンバーであるFinesseが、Geniusのインタビューに対し「『Eternal Atake』には11の別バージョンが存在している」ということを明かしている。彼は「Uziは俺が人生で見てきた中で最もクリエイティブな人間だし、タフだ。彼は完璧主義者だから、『Eternal Atake』も11バージョンあるんだよ。彼は毎日レコーディングしてた。でも全てに満足するまで出そうとしないし、ファンが望むよりペースも遅くなった。彼は最高の音楽を作ろうとしているから、時間がかかる」と語っており、Lil Uzi Vertが自分で満足のいく作品を完成させようとしているため複数のバージョンのアルバムが完成していることを明かした。

彼の問題所属レーベルGeneration NowのDJ Dramaは「『Eternal Atake』はいつでもリリースできる状態にある」と語っていたが、この発言は『Eternal Atake』の11バージョンの内のどれかを指していたのだろうか。しかしリリースされていないということは、Lil Uzi Vert本人がそのバージョンに満足出来ていないということなのだろう。

Finesseは『Eternal Atake』のリリースについて「近づいてきている」と語っているため、少なくとも今年の間には同作が我々のもとに届くことが期待できる。しかし、何よりもLil Uzi Vertにとって完璧と言えるような作品が出来上がるまで待つほか無い。

related

Lil Uzi VertがKanye Westに「俺のために祈ってくれ」と呼びかける

今年は待望のニューアルバム『Eternal Atake』をリリースし活動の勢いを増しているLil Uzi Vert。そんな彼がKanye Westに対し謎の呼びかけを行なっている。

Playboi Cartiが新作をリリースしなかったことでファンは荒れ、Lil Uzi Vertは煽る

今週月曜、待望の新作『Whole Lotta Red』をリリースすると予告していたPlayboi Carti。先週には先行シングル“@Meh”がリリースされたためファンの間にも期待が広がっていたが、実際には『Whole Lotta Red』は現在に至るまでリリースされずにいる。その結果、Playboi CartiとLil Uzi Vertのファンの間で疑問の声が多く上がっているようだ。

Lil Uzi Vert、Cardi B、Wiz Khalifa、Anderson .Paak、Bruno Mars、故Nipsey Hussleなどによるパフォーマンスを観ることができるバーチャルフェスが開催

ワーナー・ミュージック・グループは、WHO(世界保健機関)と国連財団が設立した「COVID-19連帯対応基金」を支援するため、初のバーチャル·ミュージック·フェスティバル『PlayOn Fest』を今週末に開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。