ScHoolboy QがKendrick Lamarが9人の観客の前でライヴをしたエピソードを明かす

今では世界中でワンマン公演を大規模に行っているKendrick Lamar。ライヴチケットはプレミアとなっている彼もまた、少人数の観客の前でパフォーマンスをした経験があることを、TDEの盟友ScHoolboy Qが明かした。

ラジオ局Real 92.3のBootleg KevとDJ Hedがホストを務める番組に出演したScHoolboy Qは、2011年にデトロイトでKendrick Lamarと共に9人の観客の前でライヴをしたことがあると明かす。2011年といえばKendrickは1stアルバム『Section.80』をリリースし、XXLのFreshmanにも選出された年であったにも関わらず、地元ではないデトロイトではまだ集客では厳しいことがあったようだ。

しかしすでに関係者の間ではKendrickの実力は折り紙付きだったようで、9人の観客を前にしたライヴの直後にKendrickはジェット機に飛び乗りDr. Dreに会いにいったという。ScHoolboy Qは「KendrickはちょうどDreのレーベルAftermathとサインしようとしていたときだったんだ」と述べている。Dreはすでに2010年時点で"Overly Dedicated"のミュージックビデオを見て、Kendrickと仕事をしたいと考えていたようで、その後Aftermathと実際に契約に至っている。

以前Travis Scottが2013年に行ったライブの模様をプロデューサーのMike Deanが公開しており、「若いアーティストに希望を与える」と述べていたが、あのKendrickですら9人の観客の前でライヴをしたことがあるという事実も、また同じく新鋭ラッパーたちにとってモチベーションとなるエピソードではないだろうか。

RELATED

今度はKendrick Lamarに替え玉疑惑が浮上

以前にはマスクを被ってライヴをするスタイルが災いし、A$AP Rockyに替え玉疑惑が浮上したことがあったが、今回、Kendrick Lamarにも替え玉疑惑が浮上してしまった。

Schoolboy Qが「史上最高のラッパー50人」のトレンドにあきれる

つい最近まで、アメリカのTwitterで流行していた「史上最高のラッパー50人」。ユーザーが各々お気に入りのラッパーを50人選ぶというもので、WaleやChance The Rapperがこれについて言及していたのは記憶に新しい。そんな中、Schoolboy Qがこの流行に対し、あきれた素振りを見せている。

Kendrick Lamarの『good kid, m.A.A.d city』が全米アルバムチャートランクインの最長記録を更新

先日、Kendrick Lamarの名盤『good kid, m.A.A.d city』が350週間ものあいだ、全米アルバムチャートにランクインしつづけていることをお伝えしたが、ついに今週最長記録を更新した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。