Childish GambinoとRihanna主演のヒロ・ムライ監督作『Guava Island』がCoachella2019にてプレミア上映されることが明らかに

Childish Gambino、Rihanna主演のヒロ・ムライ監督作『Guava Island』が、今週末より開催されるCoachella2019にてプレミア上映されることが明らかとなった。

Billboardによると『Guava Island』のプレミア上映はYouTubeでもライブストリーミングされるという。上映の日付はまだ発表されていないが、先日Spotifyに「『Guava Island』が4月13日に公開」という広告が現れたことから、恐らくCoachellaの2日目である4月13日に何らかの形で上映が行われ、ストリーミング配信されることが推測出来る。

Crack Magazineの記事によればChildish GambinoとRihannaは『Guava Island』に続いてビジュアルアルバムを制作するプロジェクトを立ち上げているそう。映画だけでなく二人が共同で作り上げる作品にも期待が高まる。

今のところCoachella会場、そしてYouTubeのストリーミング配信で観ることが出来るらしい『Guava Island』。昨年のCoachellaのYouTubeライブは日本でも観ることが出来たが、日本でのストリーミング視聴も可能なのだろうか?劇場公開の続報も待ちたい。

related

Donald Gloverが「次にリリースするアルバムは自分にとって“最大”のものになる」と語る|『アトランタ』のシーズン3、4も予告

今年の3月にアルバム『3.15.20』をリリースしたChildish GambinoことDonald Glover。パンデミックの渦中にリリースされ、収録曲の多くにタイトルがついていないという特異なアルバムだったが、そんな同作と、今後リリースされる次回作について彼自身が語っている。

Donald Gloverが最新インタビューの中で新作の構想について触れ「スピリチュアルなものになる」と語る

新型コロナウイルスの爆発的な流行の最中に発表された前作『3.15.20』も話題を呼んだChildish GambinoことDonald Glover。以前はChildish Gambino名義からの引退も噂され、また前作のリリース以来目立った音楽活動を行っていない彼が、GQのインタビューに登場し新曲の構想について明かした。

FKA twigsが"sad day"のヒロ・ムライによるミュージックショートフィルムを公開 | スタントなしのソードアクションにも挑む

2019年にリリースされたFKA twigsの2ndアルバム『MAGDALENE』から、Skrillex、Nicolas Jaar、Cashmere Catなどが参加した"sad day"のミュージックショートフィルムが公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。