エルトン・ジョンが「A Tribe Called Questは最も画期的なヒップホップグループ」と語る

Young Thugの“High”への参加も話題になるなど、近頃はヒップホップシーンとの繋がりも深いエルトン・ジョン。そんな彼と、A Tribe Called QuestのQ-Tipとの対談がBeats 1にて行われたようだ。

XXLによると、Q-Tipと対面したエルトン・ジョンは「ここであなたとお会いできて緊張しています。ATCQは史上最も画期的で先鋭的なヒップホップグループだと私は思っています」と、ATCQの音楽的な功績を賞賛。さらにグループの解散についても触れており、「最初は素晴らしいスタートを切ったのに、解散したんですよね?」というエルトン・ジョンの言葉に対し、Q-Tipは「ええ、みんなが言う通り、あれは結婚と同じなんです。少しファンキーでしたが俺たちはお互いを愛していたし、共に成長して、変わる時が来たんです。単なるグループ以上のものとしてスタートして、ヒップホップシーンの中で流行したことで個人のゲームになっていったんです。でも、よくやったと思います」とATCQのキャリアを振り返っている。

エルトン・ジョンはATCQの音楽は「レイドバックしてるのにファンキー」だとしており、その点が他のヒップホップグループと比べて特殊な部分だと語っている。ポップミュージックで長く成功を収めながらも、彼が他ジャンルへの深い理解やリスペクトを持っていることが分かる。

二人の対談は今後Beats 1のエルトン・ジョンの番組「Elton John’s Rocket Hour」のアーカイブに収録される他、現在もその一部を聴くことが出来る。

RELATED

Danny Brownが自身のニューアルバムを作るにあたってQ-Tipから重要なアドバイスを受けたことを明かす

今年中にリリースされるとみられているDanny Brownの約3年ぶりとなるニューアルバム『U Know What I'm Sayin'?』。そんなDanny Brownが今回、Hot 97の『Ebro in the Morning』に登場。Q-Tipをエグゼクティヴプロデューサーに迎えた新作について語っている。

Futureがエルトン・ジョンとスタジオ入りしたことが明らかに

Young ThugとのコラボレーションやQ-Tipとの対談で話題を呼ぶなど、ヒップホップと積極的に関わりを持つことで知られるエルトン・ジョン。そんな彼が、Futureと共にスタジオ入りし共に曲を作っていたことが明らかとなった。

スイスの研究者が「ヒップホップを聴かせながら熟成させたチーズは美味しくなる」と発表

「音楽を流しながら育てた野菜や家畜は美味しくなる」といった話を耳にしたことはあるだろうか?日本では「モーツァルトを流しながら育てた野菜が美味しくなる」というものが有名だが、今回、スイスで「ヒップホップを流しながら熟成させたチーズが美味しくなる」という発表がなされた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。