Futureがエルトン・ジョンとスタジオ入りしたことが明らかに

Young ThugとのコラボレーションやQ-Tipとの対談で話題を呼ぶなど、ヒップホップと積極的に関わりを持つことで知られるエルトン・ジョン。そんな彼が、Futureと共にスタジオ入りし共に曲を作っていたことが明らかとなった。

昨夜Futureは自身のInstagramを更新し、エルトン・ジョンとの2ショット写真をアップロード。キャプションには「俺と兄弟でスタジオから出てきたぜ。愛は愛だ」とあり、共にスタジオで何らかのプロジェクトを作っていたことを仄めかしている。

Me and my brother @eltonjohn leaving the studio. Love is Love

Future Hendrixさん(@future)がシェアした投稿 -

Young Thugとの“High”はエルトン・ジョンの“Rocket Man”をサンプリングしたものであるため彼が直接参加したものではなかったが、今回のFutureとの楽曲はElton Johnが何らかの形でレコーディングに参加していたことが推測出来る。Gucciのトラックスーツに身を包みトラップ感のあるエルトン・ジョンの姿も話題を呼んでいる。

若いアーティストを積極的にサポートし、今のキッズからのプロップスも十分に集めているエルトン・ジョンだが、果たしてFutureとどのような楽曲を作っているのだろうか?続報が待たれる。

related

FutureとDrakeのコラボ曲“Life Is Good”のMVが公開

先日よりコラボプロジェクトが予告されていたFutureとDrakeの二人が、コラボ曲“Life is Good”をリリース。同時にMVも公開となった。

21 SavageがFutureとYoung Thugはラップの楽曲のうち9割にクレジットされるべきだと語る

FutureとYoung Thugといえば、その独特なフロウとワードセンスを武器に今のトラップを中心とするヒップホップシーンに大きな影響を与えてきた。そんな中、両者とのコラボ経験もある21 Savageが、彼らが現在のシーンの楽曲の9割にクレジットされるべきだと語っている。

Futureの“Draco”を口ずさんだイリノイ州の高校生が停学処分に

ラップが全米チャートを席巻するようになったとはいえ、過激な言葉も多く含まれるリリックに眉をひそめる人は未だに多く存在する。今回、Futureの楽曲を口ずさんだ高校生が災難な目に遭ってしまったようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。