原宿がファッションの街として誕生した70年代がテーマの『70s 原宿 原風景』が5月に刊行

オリンピックを前に変遷する原宿が、まさにファッションの街として誕生する70年代を目撃した45人が「思い出のあの店、あの場所」を語る書籍『70s 原宿 原風景 エッセイ集 思い出のあの店、あの場所』が5月10日にDU BOOKSより刊行される。

編著は14歳で原宿デビュー、17歳からレオンの常連となり、「表参道のヤッコさん」ことスタイリストの高橋靖子に師事しスタイリスト / エッセイストとして活躍中の中村のん。執筆者には高橋靖子、中西俊夫、藤原ヒロシらが名を連ねる。

原宿から人生が始まった45人による珠玉のエッセイの他、貴重な写真や資料も多数掲載されている。70年代カルチャーに興味のある方にとっては要チェックの一冊だ。

INFO

『70s 原宿 原風景
エッセイ集 思い出のあの店、あの場所』

中村のん [編著]

A5/並製/240ページ予定
予価(本体2,500円+税)
ISBN978-4-86647-097-9

https://diskunion.net/dubooks/ct/detail/1007888784

related

YOSHIRO広石の自伝本『YOSHIRO~世界を驚かせた伝説の日本人ラテン歌手~』が刊行

1960年代にベネズエラでデビュー後、中南米、旧ソ連ほか多くの国々で大成功を収め、内戦下の国をくぐり抜けながら歌い、マイク一つで世界中の人々と繋がったラテン歌手のYOSHIRO広石の自伝『YOSHIRO~世界を驚かせた伝説の日本人ラテン歌手~』が、焚書舎より刊行される。

スチャダラパーによるインディーズ雑誌『余談』の最新号が発売 | RHYMESTERや藤原ヒロシ、やけのはらなどが登場

スチャダラパーが編集人を務める不定期刊のインディーズ雑誌『余談』の10号目が、5/22(金)にオンラインで発売される。 2010年から年一回発行のペースで発刊されてきた『余談』は、スチャダラパーが好きな人に会い、好きな人に漫画や原稿を書いてもらい、ただただ余談を繰り広げ、ITで5Gな世の中に抗...

ceroの荒内佑が初の単行本『小鳥たちの計画』を刊行 | webちくまの連載に書き下ろし原稿も

ceroの荒内佑が初の単行本『小鳥たちの計画』を今月刊行する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。