Travis Scottの“Sicko Mode”が初登場から32週間連続全米シングルチャートトップ10に残り続け新記録を樹立

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scottの『Astroworld』。中でもDrakeをフィーチャーした“Sicko Mode”はかなりの人気曲となり、昨年の12月に全米シングルチャートで1位を獲得。そんな“Sicko Mode”が、チャートトップ10に入ってから32週間が経過した現在もトップ10に残り続ける記録を打ち立てた。

昨日Billboardから発表された最新チャートで、“Sicko Mode”は10位につけている。これで同曲の初登場からちょうど8ヶ月間、シングルチャートのトップ10に残り続けたことになる。他にこの記録を樹立している曲はEd Sheeranの“Shape of You”、Maroon 5とCardi Bの“Girls Like You”、LeAnn Rimesの“How Do I Live”、The Chainsmokersの“Closer”のみ。“Sicko Mode”は先週までBruno Marsの“Uptown Funk”の31週間という記録と並んでいたそうだ。

ちなみに、Complexによるとヒップホップの楽曲で“Sicko Mode”の次に長くトップ10に残ったのはDrakeの“God’s Plan”だそう。こちらは26週間という記録である。

『Astroworld』によって名実ともにトップアーティストとなったTravis Scottだが、半年以上が経過した現在も同作の存在感は薄れることがない。今後発表される新曲でTravisはこれ以上の記録を作ることが出来るのだろうか?

related

Travis Scottが映像プロダクションA24と契約|映像作品『Utopia』を発表か

Travis Scottが、映画『ムーンライト』や『ミッドサマー』、ドラマ『ユーフォリア』をはじめ数々の作品を発表してきたプロダクションA24と契約したことが明らかになり話題を呼んでいる。

Travis ScottとDIORのコラボレーションコレクションが発表

DIORがサマー 2022メンズ コレクションで、Trvais Scottとのコラボレーションを行うと発表した。

Travis Scottプロデュースのアルコール飲料「Cacti」の詳細が明らかに

今年の9月、オリジナルのアルコール飲料「Cacti」を発売予定であることが報じられたTravis Scott。今回、そんな「Cacti」の詳細が発表され話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。