YGが自身のライブ中“FDT”を歌わなかった観客に詰め寄り「Fuck Donald Trump」と叫ばせる

2016年にYGとNipsey Hussleがリリースした“FDT”(Fuck Donald Trump)は、当時大統領候補であったトランプ大統領を痛烈に批判した楽曲だ。YGのキャリアの中でもかなりの人気曲となっている同曲はライブでもかなりの盛り上がりを見せるが、今回、YGがライブ中に“FDT”をシンガロングしなかった観客にとった対応が話題となっている。

アリゾナ州テンペでのYGのライブの最中、“FDT”がプレイされ観客の多くが「Fuck Donald Trump」と叫ぶ中一人の男性が一切声を発していなかった。それを見とがめたYGは、その観客を「おい、お前はどのリリックも歌わなかったろ。見てたぞ。何も言わなかった。それで俺がお前の国籍を聞いたら、お前は白人だと答えたよな。納得がいったよ」と糾弾。続けて「俺は注意深くお前の顔を見てたが、お前は一切歌っていなかった。一つ聞きたい、お前はトランプ支持者か?」と尋ねている。

質問に対し男性は首を横に振っているため、どうやらトランプ支持者では無かったらしい。それを受けてYGは「怖かったのか?お前のママやおばあちゃんが見てるからか?もう一度チャンスをやる。みんな、静かにしてくれ。3つ数えるから、“Fuck Donald Trump”と叫べ」と要求。男性は大声で「Fuck Donald Trump」と叫び、YGは満足げな様子を見せた。

男性が実際のところトランプ支持者なのかどうかは不明だが、ライブ中に声を発することが苦手なタイプであることも考えられる。YGに悪意は無かったようだが、大声で詰められてこの男性もさぞかし恐ろしかったことだろう。

今回は男性がトランプ支持者ではなかったため平和な結末を迎えたが、もしも仮に彼がトランプ支持者であった場合どのような事態が起こっていたのだろうか。

related

YGやLil BabyらがBLMデモの模様を取り入れたミュージックビデオを発表

先日、ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人男性ジョージ・フロイドさんが警察によって不当な取り調べを受けた末に窒息死させられた事件を契機に全世界で大きな盛り上がりを見せている「Black Lives Matter」デモ。ヒップホップシーンにとって避けては通れない問題である人種差別に対する抗議運動には多くのラッパーも参加、もしくはサポートを表明していたが、抗議の意思やここ最近のデモの様子を楽曲やMVに盛り込むラッパーも徐々に現れてきているようだ。

KehlaniがYGと破局したことを明かす新曲“Valentine’s Day (Shameful)”をリリース

昨年9月に交際が報道され、先日のバレンタインデーにはコラボ曲“Konclusions”をリリースしていたYGとKehlani。そんな二人が、なんと既に破局を迎えていたことが明らかになった。

Kehlaniと交際中のYGが自身の浮気報道を否定

9月にKehlaniと交際している事を明らかにしたYGが、別の女性とキスしている様子が10月31日、カメラに捕らえられた。The Shade Roomによると、YGはクラブを出た後、自身の車の窓を通してある一人の女性と会話を始めたという。その後YGはドアを開けて女性を招き入れると、キス(と思われる行...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。