2 Chainzが初めてのレーベル契約の前にツアー用のバスを買ったことを明かす

音楽シーンのみならず、どのような業界においても将来お金を稼ぐために、今お金を使っておく、いわゆる先行投資は必要だ。2 Chainzは若いときからその事を理解していたのかもしれない。先日、LeBron JamesがA&Rを務めたニューアルバム『Rap or Go to the League』をリリースしたばかりの2 ChainzがThe Ringerのインタビューに登場。自身が初めてレーベル契約を果たす前に、ツアーバスを買ったことを明かした。

「俺がストリートでの生活を通して学んだことの1つは(経済の)循環が全く無いよりも、緩い(経済の)循環がある方が良いってことだ、だよな?」と語る2 Chainzは続けて、「俺は何も無いよりはあるほうがマシだってことを学んだんだよ。俺はレーベルと契約する前にもう、ツアーバスを1台買ったんだ。なぜならチタリン・サーキットで100万円以上稼いでいたからな。だから、俺はアメリカ南部の州は南部出身のアーティストの面倒を見てくれるおかげで、田舎のアーティストが稼いで、成功を収められるってことを知ることが出来たんだ」と南部の人々に感謝を述べるとともに、若い頃から経済の仕組みを理解していたことをほのめかしている。

ちなみにチタリン・サーキットというのはアメリカ南部の街ごとにある黒人の人々が集まるスポットの総称で、力のあるエンターテイナーはそのスポットを巡るだけで充分なお金を稼げるそう。若い頃から、このような地道な努力をしていたからこそ、今の2 Chainzがあるのかもしれない。いずれにせよ、今の音楽シーンにはレーベルとアーティスト間の問題が多発しているが、2 Chainzのように経済の仕組みを理解していた方がシーンを生き抜いていけるのは明白だといえるだろう。

RELATED

2 ChainzのニューアルバムにLeBron JamesがA&Rとして参加

NBAの生ける伝説LeBron Jamesといえば、その圧倒的なプレイはもちろんのこと、無類のヒップホップ好きとしても知られており、以前にはApple Musicで女性のためのプレイリスト『The Strongest』を作成するなど音楽に対する造詣が深いことで有名だ。そして今回、そのLeBron Jamesが来たる2 Chainzのニューアルバム『Rap or Go to the League』のA&Rを務めることが明らかになった。

2 ChainzがNBAのセレブオールスターゲームに出場できず怒る

今週水曜日、毎年恒例となっているNBAの有名人オールスターゲームの出場メンバーが発表された。QuavoやBad Bunny、Rapsodyなど腕に覚えのあるアーティストが男女問わず選出される中、今年のゲームに参加出来ないことに強い不満を示している者がいる。2 Chainzだ。

今年のXXL FreshmanについてJoey Bada$$と2 Chainzがコメント

毎年の恒例企画であるXXL Freshmanが先日発表され、Lil PumpやSmokepurpp、Blocboy JBやSki Mask The Slump Godなどのラッパーが表紙を飾ることになったが、これについてJoey Bada$$と2 Chainzがコメントしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。