Travis Scottがコンサート中に恋人のKylie Jennerに愛を叫ぶ

先日には“Baby Shark”にノリノリだったTravis Scottだが、その後瞬く間に窮地に立たされてしまった。事の発端はKylie Jennerの親友であったモデルのJordyn Woodsが、Kylieの姉であるChloe Kardashianの恋人(当時)でNBAプレイヤーのTristan Thompsonと浮気したという疑惑が浮上したことだ。この事で疑心暗鬼になったのか、Kylieは自身の恋人であるTravisに「浮気の証拠を掴んだ」と疑いの目を向けたのである。

TMZによると、現在自身のニューアルバム『ASTROWORLD』を引っさげ、ツアー中のTravisは先週27日、愛する彼女と娘のために滞在していたペンシルバニアからロサンゼルスにサプライズで戻ったそうなのだが、そこで待っていたのは「浮気の証拠を掴んだわ」と激高するKylieだったという。Travisも必死に身の潔白を証明しようとした結果、両者による口論は翌日の28日まで続いたとのこと。

実はTravisは28日にニューヨークのバッファローにてライブをする予定だったのだが、自身のTwitterにて延期を発表していた。


このツイートでは、体調不良による延期と綴られているが、実はこの延期は上記に書いてあるように2人の口論が翌日まで続いてしまったせいでバッファローに向かえなかったのが要因と見られている。

そして、Travisは先週土曜日にニューヨークのマディソンスクエアガーデンで行われた自身の公演にてKylieと愛娘Stormiちゃんへと思われるメッセージを送った。
彼はKylieとStrormiという名前自体は出してはいないものの、“Keep your family first(家族を第一に考えるんだ)”とシャウトしたとのこと。ちなみに現在、Travisは自身のInstagramアカウントを停止しているが、何か後ろめたい投稿でもあったのかと思わざるをえない。

OffsetとCardiの一件が頭をよぎるこの出来事だが、KylieにはTravisと別れる気はなく共に問題解決に努めていく姿勢を示しているとTMZは伝えており、2人が離婚することはなさそうだ。

RELATED

Travis Scottがライブ中に現在収監されているA$AP Rockyへのエールを叫ぶ

一般人に絡まれたことで乱闘騒ぎを起こし、それによってスウェーデンで拘束を受けているA$AP Rocky。それを受けて、Travis Scottがライブ中に彼へのエールを叫んでいる。

アラバマ州の妊娠中絶禁止法成立を受けてTravis Scottがグッズの売り上げを全て妊娠中絶を行うNPOに寄付することを発表

先日、アラバマ州で成立した妊娠中絶禁止法。性犯罪による望まない妊娠を含め妊娠中絶を完全に禁止するこの法律に対しRihanna、Lady Gaga、Billie Eilishを始めとする女性アーティストたちが抗議の声を上げていることが報じられているが、そんな中Travis Scottが自身のマーチャンダイズの売り上げを全て妊娠中絶や経口避妊薬の処方を行うNPO団体Planned Parenthoodに寄付することを発表した。

Three 6 MafiaのDJ Paulが自身のフレーズを不正利用されたとしてTravis Scottを訴える

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scott『Astroworld』。同作に収録された楽曲“NO BYSTANDERS”が原因で、トラブルが発生しているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。