Kendrick Lamarが97000曲ものビートをキープしていると関係者が語る

FNMNLでヒップホップのニュースをチェックしている方は、「曲がたくさんある」というボーストをラッパーが行なっている様子を目にしたことが一度はあるだろう。「15000曲をレコーディングした」というYoung Thugや「65000曲のストックがある」というAnderson .Paakの発言をこれまで紹介してきたが、今回はこの過剰な数字シリーズにKendrick lamarが加わった。

Redbull Music Academyから先日、Tae Beast、MixedByAli、SounwaveというKendrick Lamarのプロデュースを手がけるビートメイカー三人の鼎談が公開された。

動画の中で、Tae Beastが「Kendrickはビートを溜め込んでいるんだ。彼は97000のビートをキープしている。一度彼の手にビートが渡ったら、二度と離されることはないんだよ」と衝撃的な発言をしている。97000曲ものビートを一生の内に使い切れるとは到底考えられないが、とにかくビートを集めることに熱心であることが分かる。

続けて、Sounwaveが「『good kid, m.A.A.d city』のときにあげたビートが『DAMN.』に使われたんだよ。それくらい彼はビートを溜め込んでる」と、1stアルバムの際に制作したビートがかなり後になって使用されたことを明かしている。日々数多くのビートをキープするだけでなく。時間はかかってもしっかりと使用する義理を通すようだ。

提供したはずのビートをキープされ使われないことはビートメイカーの生活にとって死活問題だが、Kendrick Lamarにビートをキープされるというだけでも名誉なことに違いない。果たしてそれらのビートが全て使用されるのかどうかは不明だが、ビートメイカーのためにもKendrickには沢山の曲を作ってもらいたいものである。

RELATED

Kendrick Lamarの『good kid, m.A.A.d city』が全米アルバムチャートランクインの最長記録を更新

先日、Kendrick Lamarの名盤『good kid, m.A.A.d city』が350週間ものあいだ、全米アルバムチャートにランクインしつづけていることをお伝えしたが、ついに今週最長記録を更新した。

A$AP FergがRich the Kidの“New Freezer”はKendrick Lamarが自分だけフィーチャリングされるのを条件に参加したと明かす

先日、ニューEP『Floor Seats』をリリースしたばかりのASAP FergがDJ Whoo Kidのインタビューに登場。2017年にリリースされたRich the Kidのデビューアルバム『The World Is Yours』に収録されている“New Freezer”には初め、自身が参加していたことを明かしている。

CommonがKendrick Lamarをお気に入りのラッパーに挙げ「4枚のクラシックを作った」と絶賛

ここ最近Twitterで流行している「史上最高のラッパー50人」リスト。その流れで各々のお気に入りのラッパーを挙げる人が増える中、シカゴの大ベテランであるCommonも自身のフェイバリットを挙げ話題を呼んでいる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。