Travis ScottがSNSで話題の“Baby Shark”でノリノリ

アメリカの音楽シーンでは、アーティストの楽曲がいわゆる「~チャレンジ」として巷で流行することによって、とてつもないヒットを生み出すことが多々ある。直近でいえば、Rae Sremmurdの“Black Beatles”によるマネキンチャレンジ、Drakeの“In My Feelings”チャレンジがそうだ。そしてこれらに続くチャレンジが今、アメリカで流行している。その名も“Baby Shark”チャレンジだ。

知らない人からすると、これもまたラッパーの楽曲だと思うかもしれないが、実はこのような楽曲である。

ビデオを見てもらえば分かるが、“Baby Shark”はラッパーの曲ではなく、いわゆる子供向けの楽曲である。女の子と男の子の2人がリズムに合わせて踊りながら「Baby Shark~」と歌うビデオがとてつもないヒットとなっているのである。

昨年のクリスマスにこのビデオがアップされてからというもの、“Baby Shark”は一気にBillboardシングルチャートを駆け上り、最高で16位を記録。ビデオの再生回数は現在24億回にものぼっており、その勢いは本物であることが分かる。この楽曲自体は韓国の企業Pinkfongが2016年にリリースしたもので、ビデオの公開をきっかけにこのような大ヒットを記録したのである。その要因が“Baby Shark”チャレンジというわけだ。内容はビデオで踊っている子供達と同じように曲に合わせて踊るだけという至ってシンプルなものだが、これがTik Tokなどを中心にSNSで大流行。その結果としてストリーミング数が急激に増加し、ここまでのヒットに繋がったのである。

そしてその人気は留まることを知らず、ついにTravis Scottまで“Baby Shark”チャレンジに参加したようだ。その様子がこちら。


意外にも“Baby Shark”のハードなベース音がクラブとマッチしている中、DJブースの真ん中でサングラスをかけたTravisがクールに踊っているのが見て取れる。

昨年、妻であるKylie Jennerとの間に愛娘Stormiちゃんが誕生したこともあり、家庭で一緒に“Baby Shark”ダンスをしていたのかもしれない。

いずれにせよ、常にクールな印象のあるTravisの父としての一面が想像できる出来事であった。

related

Travis Scottが映像プロダクションA24と契約|映像作品『Utopia』を発表か

Travis Scottが、映画『ムーンライト』や『ミッドサマー』、ドラマ『ユーフォリア』をはじめ数々の作品を発表してきたプロダクションA24と契約したことが明らかになり話題を呼んでいる。

Travis ScottとDIORのコラボレーションコレクションが発表

DIORがサマー 2022メンズ コレクションで、Trvais Scottとのコラボレーションを行うと発表した。

Travis Scottプロデュースのアルコール飲料「Cacti」の詳細が明らかに

今年の9月、オリジナルのアルコール飲料「Cacti」を発売予定であることが報じられたTravis Scott。今回、そんな「Cacti」の詳細が発表され話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。