DJ Jazzy Jeffが「ストリーミング配信はレーベルが得をするだけ」と語る

ストリーミングサービスで音楽を聴くことが当たり前になった今日この頃。今や楽曲をストリーミング配信することに疑問を抱かないアーティストも多いが、古くから活動してきた者にとってはそうもいかないらしい。

フィラデルフィア出身の伝説的なDJであるJazzy Jeffは、Vibeのインタビューに対しストリーミング配信によって自身が十分な利益を得られていないと主張。「俺は90年代に、アルバムをCDとカセットでリリースする契約をレーベルと交わした。契約にストリーミングは入っていないんだ。誰が俺の曲をストリーミング配信するときに交渉してきた?誰が俺のストリーミングでの利益を決めたんだ?誰かがストリーミングで莫大な利益を得ている。そして、それは俺じゃない」と、ストリーミングサービスを視野に入れた契約をレーベルと交わしていないにも関わらず無断で楽曲が配信され、自身はその恩恵を受けられていないことを明かしている。

さらに「ストリーミングサービスに文句を言うのはアーティストだけだ。レーベルがストリーミングカルチャーに否定的なことを言うのは見たことがない。奴らは自分たちが得をして、誰かを飲み込む方法を見つけた。それについて黙っている方法も。奴らは何も言わない。分かってるよ、みんなが店に行ってレコードを買わなくなったけど、彼らは携帯を持っている。みんなが何かのプラットフォームに入っているから、みんなから携帯を通じてお金をもらっているんだ」と語る彼は、そもそもストリーミングというフォーマット自体がアーティストではなくレーベルが得をするように作られていると考えてはいることが分かる。

Spotifyなどのストリーミングサービスが勃興した初期の段階ではTaylor Swiftを始め多くのアーティストから抗議の声が起こった。しかし、現在ではストリーミングで楽曲を配信しているアーティストの方が多数派で、それぞれに自身が相応の利益を得られるように模索している。Jazzy Jeffも同じインタビューの中で「自分の曲をいかにコントロールするか、というのが戦いだ」と語っており、彼もまた中間搾取されず楽曲の収益を得る方法を考えているようだ。

フォーマットの変化に従って、音楽業界を生き抜く方法も時代ごとに変わっていく。これからのアーティストには、今まで以上にインデペンデントな思考能力が必要になるのかもしれない。

RELATED

「25歳以下の音楽ファンの内15%がアルバムを通して聴いたことがない」とする調査結果が発表

ストリーミングサービスで音楽を聴くことが一般的になり、プレイリストや楽曲単位での聴き方が主流となりつつある昨今。それに伴いアルバム単位で音楽を聴く人が減ったとの意見も頻繁に見られるが、今回、若いリスナーがどのように音楽を聴いているかを調査した結果が発表された。

違法アプリ『Music FM』の利用実態に関するアンケートが公開 | 7割以上が使用経験ありと回答

ナイル株式会社が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ紹介サービス「Appliv(アプリヴ)」が、6/18から6/25の期間で、10代から30代の男女1,203人を対象に、『Music FM』の利用実態に関するアンケート調査を行なった。

ストリーミングサービスへの違法アップロードによって推定300億円の損失がアーティストとレーベル側に与えられている可能性

ストリーミングサービスが浸透し、多くの音楽ファンが利便性を享受した一方で、様々な違法な利用が生まれている様だ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。