Mindseekerの2019 SS COLLECTION LOOKBOOK | テーマはカジノ

「All I Do Syndicate」の創設者達により、よりハイエンドなクリエイションを発信することを目的に、2016年に設立されたMindseekerが2019年の春夏コレクションを2月22日(金)より全国の取り扱い店舗で一斉発売する。

2019年の春夏コレクションではカジノシーンを象徴とするサイコロ・ルーレット・紙幣などを用いたグラフィックを様々なアイテムに落と込んでいる。カラーストーンスタッズをあしらったドレスシャツ、ベルトなどは見栄を表現しており、見た目は華やかだが随所を見ると解れやダメージが有り、見栄っぱりなギャンブラーを表現している。

またデザイナーが思春期にスケートに明け暮れていた90年代初期のスケートシーンを再現したシルエットも今シーズンに欠かせない重要な要素。あえてウォッシュ加工を施されたトップスは練習に明け暮れていた頃にデザイナーが着用し色褪せた思い出のカラーリングを採用。フーディーはスケータースタイルの真髄ともなる動きやすいオーバーシルエットを表現しているがその他のアイテムは90年代初期のスケーター達が着用していた程よいタイトシルエットを現代風にアレンジしたシルエットになっている。

INFO

国内取り扱い店舗
monky time(原宿)
idea by sosu(表参道)
NUBIAN(原宿)
BARNEYS NEW YORK(六本木)
REGGAWS(名古屋)
Detail(金沢)
AYIN(大阪)
zoetrope(新潟)

RELATED

BALが2019 SS CollectionのLOOKBOOKを公開 | テーマはChance Operation

音楽とファッションの親密な繋がりを、ものづくりに反映したハイカジュアルなストリートウェアで知られるBALが、2019 SS CollectionのLOOKBOOKを公開した。

DAIRIKUの19 SS LOOKBOOKが公開 | テーマは「A Grow Up」

1994年生まれのデザイナー岡本大陸によるブランド、DAIRIKUが19 SSシーズンのLOOKBOOKを公開した。

SUGARHILL 19 SS LOOKBOOKが公開 | 「salad days」と題しゲイカルチャーやレイブカルチャーにフォーカス

23歳のデザイナー林陸也が手がけるブランドSUGARHILL。ミリタリーやワークをベースにしつつ、無骨さや尖った要素を中性的にリヴィルドしたコレクションで注目を集めている同ブランドが、19 SSシーズンのLOOKBOOKを公開した。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。