21 Savageに続きYoung Nudyも保釈金を払うことで釈放される

先日、無事に釈放された21 Savageに続き、彼と同時に逮捕されたラッパーのYoung Nudyも保釈金を払うことで釈放された。

およそ2週間前にアメリカ国籍ではないのにもかかわらず、不法滞在していた容疑で逮捕された21 Savageとともに逮捕されたYoung Nudy。彼は21 Savageと同じように不法滞在の容疑で逮捕されたわけではなく、ギャングや銃火器関連の容疑で逮捕されていたようで、この度10万ドル(約1100万円)を支払うことにより釈放されるとのこと。

彼の弁護士を務めたScott SmithはAtlanta Journal-Constitutionの取材に対して「我々はこの結果に非常に満足している。彼が彼の家族と一緒にいることが出来るように、我々は彼が釈放されるのを楽しみしている」と述べている。
また、「彼はツアーに戻って、この素晴らしい成功を収め続けることを楽しみにしている」とNudyが意欲的な姿勢であることも明かした。

21 Savageが実はイギリス国籍で、アメリカに不法滞在していたというあまりに衝撃的すぎるニュースによって陰に隠れてしまった印象のあったNudyの逮捕だが、彼のファン達は21 Savageが釈放されたという報道を受けこのようにツイートしていた。


「21は釈放された。Young Nudyも釈放してくれ」


「Young Nudyも釈放されたの?」
このようなファンの存在はNudyにとって非常に心強い存在だったに違いない。そして、ファン達はNudyが釈放されたことで一安心といったところだろうか。

これまでともに地元アトランタのヒップホップシーンを支えてきた21 SavageとYoung Nudy。両者とも無事に釈放された今、これまで以上に活躍することを期待するばかりだ。

related

Bobby Shmurdaがついに釈放される|21 SavageやMeek Millらが祝福

“Hot Nxxxa”の大ヒットで知られるものの、2014年に銃器や薬物の所持を理由に逮捕され、それ以来6年以上収監され続けていたBobby Shmurda。そんな彼が昨日ついに釈放されたことが報じられている。

21 Savageを自身の楽曲にフィーチャーするには10万ドル以上が必要であることが判明

若手ラッパーにとって、人気のアーティストを自身の楽曲にフィーチャーすることは一つの夢だろう。しかし、21 Savageを客演に招くには相応の対価が必要になるようだ。

【レビュー】21 Savage & Metro Boomin 『Savage Mode 2』| 前作の型にはまらないコンテクストの充実

予想通りアメリカのビルボードチャートで初登場1位を奪取した21 Savage & Metro Boominのコラボ作『Savage Mode 2』。波乱の2020年のヒップホップシーンを代表する作品は、21 SavageとMetro Boominを歴史上最も成功したラッパーとプロデューサー...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。