ニューヨーク市が髪型による差別を禁止するガイドラインを設置か

ニューヨーク市人権委員会が、髪型での差別を禁止する新たなガイドラインを設置しようとしている。

New York Timesが報じるところによると、学校や職場、その他様々な社会的場面で髪型による制約を無くすことを人権委員会は呼びかけているという。この宣言はニューヨークの人々に「自然な髪型も、コーンロウやバントゥー、三つ編み、アフロなどの髪型も維持する権利があり、また髪の毛を手入れしない状態でいる権利もある」として自由な髪型を完全に保証し、特に有色人種の人々にとってアイデンティティと密接に関わる髪型を保持する権利を保証する目的で設定されるとのこと。

このガイドラインを破り髪型の変更を強要した者には最大25万ドル(約2800万円)の罰金を課すことができ、また髪型が原因で職場を解雇された場合には再雇用が保証されるという。ニューヨーク市が髪型に関する自由と権利を強固に保護しようと動いていることが分かる。

ニューヨーク市人権委員会の代表者であるCarmelyn P. Malalisは、「私たちは自然な髪型、特に黒人の方と密接に関係する髪型を侵害されることをそのままにしません。それらは外見による人種差別に基づく物だからです。差別主義者は、黒人の髪型は労働に職業倫理に反するものであるとか、不適切なものだと言います」と語る。ニューヨークには様々な人種やジェンダーの人々が生活しているため多様な髪型が見られるが、職場などで「労働に不適切」であるとして髪型を変えることを強要されてしまうことも多いのだという。

ここ日本でも学校や職場、その他様々な場面で髪型を規制されるケースは頻繁に見られる。そこには「マナー」や「倫理」といった理由づけがされるのだろうが、価値観やアイデンティティ、文化的バックボーンは人それぞれである。ニューヨークに続き、日本で自由な髪型が保証される日は訪れるのだろうか?

related

Will.i.amが飛行機の客室乗務員から人種差別を受けたと語る

言わずと知れたBlack Eyed PeasのリーダーであるWill.i.am。そんな彼が、飛行機でとある客室乗務員から受けた対応について語り議論を呼んでいる。

Jay-Zがアリゾナ州フェニックスで警察から銃で脅迫を受けた家族のために弁護士を雇う

アメリカでは、警察による有色人種への差別や不当な取り調べが長らく問題視され続けている。先月、アリゾナ州フェニックスである家族が警察によって理不尽な取り調べを受けた上に銃で脅迫された事件が発生し、その解決のためにJay-Zが動いているようだ。

12歳のラッパーLil C-Noteがモール内でCDを販売したことで複数の罪に問われる

昨年10月、ショッピングモール内で警察に腕を掴まれ口論になっている動画が広く拡散された12歳のラッパーLil C-Note。そんな彼が、現在複数の重い罪に問われ危機に瀕している。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。