ジョージア州の議員が移民税関捜査局に21 Savageの釈放を求める文書を送る

ヒップホップの中心地であるアトランタを代表するラッパーの1人である21 Savageが不法滞在の疑いで移民税関捜査局(ICE)に逮捕されたという衝撃のニュース。多くのアーティストや著名人がこの件に対して様々なリアクションを行っているが、Demi Lovatoが批判されている一方で、アトランタの位置するジョージア州の議員が21 Savageを擁護する発言をした。

今週月曜日に、21 Savageは国籍がイギリスのままであるにもかかわらず、ビザの期限が切れた後もアメリカに滞在し続けたとして逮捕されたわけだが、ジョージア州の議員Henry C."Hank"Johonsonが彼の釈放を求める文書をICEに送ったことを自身のTwitterで明らかにしている。

彼はその手紙のURLとともに、ツイートでこのように述べている。
「She'yaa(21 Savageの本名)が身を潜めていたという主張、または以前の有罪判決のために彼が逮捕されたという主張は全く真実では無い。彼が有罪判決を受けたことは一度も無かった。彼は公然とビザの更新を求めていた。これが私のICEへの手紙です」と今回の逮捕の要因の1つと見られている前科の疑惑を否定するとともに、21 Savage自身はビザの更新を求めていたことを明かした。

そして、手紙では21 Savageのことを「彼は我々のコミュニティに恩返しをするために自分自身の時間を費やし、それを他人に還元するという人生を送ってきた素晴らしい若者」だと評し、彼のアトランタへの貢献は計り知れないものと述べている。また、その貢献度が計り知れないからこそ21 Savageを拘束し続けることは深刻な「彼の家族への苦難と我々のコミュニティの損失」になると危惧しており、彼の釈放を求めた。

アトランタの議員にさえも愛される21 Savageだが、その証拠ともいうべきか、彼の釈放を求める署名も急速な勢いで数字が増えている。たった24時間で20万人の署名という本来の目標の半分以上を獲得し、現在その数は198739人とあと少しで目標達成というところまで迫っている。

この署名運動はBlack Lives Matterという組織の設立者の1人であるPatrisse Khan-Cullorsによって開始されたもので、21 Savageのマネージャーの1人であるKei Hendersonは自身のInstagramでこのように告知。


署名活動には彼のプロフィールページから参加することが出来る。

この署名活動により、21 Savageが実際に釈放されるかどうかは分からないが、移民に関する問題を人々に衆知させるという意味合いでは大きな役割を果たすと言えるだろう。

国外追放の可能性もある中で、多くの味方を得た21 Savageだがどのような結末が待ち受けているのだろうか。

related

21 Savageがサントラのプロデュースを手がけた『スパイラル:ソウ オールリセット』| 「子供の頃から『ソウ』シリーズを見て育ってきた」と明かす

スリラー映画『ソウ』シリーズの最新作『スパイラル:ソウ オールリセット』が、9/10(金)に全国公開される。今作は過去8作をアップデート&リセットした作品となっていて、「ソウフリーク」として知られるクリス・ロック、さらにはサミュエル・L・ジャクソンも出演している。

Bobby Shmurdaがついに釈放される|21 SavageやMeek Millらが祝福

“Hot Nxxxa”の大ヒットで知られるものの、2014年に銃器や薬物の所持を理由に逮捕され、それ以来6年以上収監され続けていたBobby Shmurda。そんな彼が昨日ついに釈放されたことが報じられている。

21 Savageを自身の楽曲にフィーチャーするには10万ドル以上が必要であることが判明

若手ラッパーにとって、人気のアーティストを自身の楽曲にフィーチャーすることは一つの夢だろう。しかし、21 Savageを客演に招くには相応の対価が必要になるようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。