Ja Ruleが『Fyre Festival』の贖罪としてライブの観客に自身を罵らせる

NetFlixにてドキュメンタリー『FYRE/夢に終わった史上最高のパーティ』が公開されたことで、2017年に開催され伝説的な大失敗に終わった音楽フェス『Fyre Festival』が再び注目を集めている。同イベントにはラッパーであり実業家のJa Ruleも共同主催者として関わっており、その責任を問われていた。そんな中、Ja Ruleがライブ中に『Fyre Festival』の件への言及を行い話題となっている。

ニュージャージーでライブを行なったJa Ruleは、途中のMCで「みんな、あのことでちょっと怒ってるだろ」と『Fyre Festival』に言及。その後観客に中指を立てて手を上げるよう呼びかけ、「みんな俺に続いてくれ、“Fxxk You Ja Rule”」と自身を罵るコールアンドレスポンスを行なった。

Ja Ruleは以前Twitterにて「俺も被害者の一人だ」と発言し責任が無いことをアピールしていたが、顰蹙を買ったために今回の行動を通じて謝罪を行いたかったのだろうか。

実際のところJa Ruleが『Fyre Festival』チームの中で果たした役割は広告とプレゼンテーションのみであり、主催企業『FYRE』のCEOであるBilly McFarlandと比べ責任は軽いとも言える。しかし事前に大風呂敷を広げ無理に帳尻を合わせようとしたことが失敗の原因となり、結果的に多くの人間が損害を受けることとなってしまった。詳しくはドキュメンタリーを参照のこと。

詐欺の片棒を担いだJa Ruleが非難を浴びるのは仕方のないことだが、ある意味彼も『Fyre Festival』によって人生を狂わされた一人と言えるかもしれない。

related

伝説の詐欺音楽フェス『FYRE Festival』のグッズの販売が開始|収益は全て被害者に寄付

2017年に開催され、様々な理由で世紀の大失敗に終わった音楽フェス『FYRE Festival』。Netflixのドキュメンタリー『FYRE /夢に終わった史上最高のパーティ』の配信でさらに知名度を高めた同イベントのマーチャンダイズの、オークションでの販売が開始されている。

Ja Ruleが自身が主催し大失敗に終わったフェス『FYRE Festival』に言及した新曲“FYRE”をリリース

2017年に開催され、史上最悪の大失敗に終わった音楽フェス『Fyre Festival』。今年の頭には、その実態に迫ったドキュメンタリー『FYRE/夢に終わった史上最高のパーティー』がNetflixにて公開され、大きな話題となった。そんな中、同フェスの主催者の1人であるラッパーのJa Ruleが“FYRE”と題した新曲をリリースした。

Ja Ruleが『FYRE Festival』を巡る裁判で賠償金の支払いを回避することに成功

Netflixのドキュメンタリー『FYRE/夢に終わった史上最高のパーティ』の配信などで再び注目を集めた2017年の音楽フェス『FYRE Festival』。「史上最悪のフェス」と名高く、主催者の一人が詐欺罪で逮捕されるなど曰く付きのイベントとなってしまったが、そんな『FYRE Festival』に広告担当として関わったJa Ruleが裁判でまさかの勝利を手にしたようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。