KehlaniがR. KellyとXXXTentacionへの批判に対し持論を語る

Apple Musicの番組「Sunday Gems」に出演したKehlaniが、罪を犯したアーティストの楽曲を「ミュート」する運動に対して独自の考えを述べている。

ドキュメンタリー『Surviving R. Kelly』の公開によって性的暴行の実態が明るみになり、音楽業界から追放されようとしているR. Kelly。そんな彼の楽曲を再生しないようにする「#MuteRKelly」キャンペーンが盛り上がりを見せていることについて、Kehlaniは「曲を再生しないという行為そのものは、私はサポートしていない。何か危険だったり最悪な気分にさせられるような物に対して、あなたは自由に怒りを示す権利がある。それに対して境界線を引く権利もね」としながらも、「あなたが潜在的に、彼らが他の人を危険に晒しているよう感じるならばそれについて大声で話してほしい」と、楽曲を聴かないだけでなく抗議の声を上げるようリスナーに呼びかけている。

また、Kehlaniは昨年の6月に亡くなったXXXTentacionがDVの疑惑を抱えていたことについて、「たとえ彼がそれに値するだけのことをしていたとしても、彼を排除しようという動きには傷ついた。人々が憎しみを向けているような気がしたから。私が彼を支持するという訳じゃないけど、時には私たちが人をいじめて良いと思っているような気がする」と、彼が犯した罪はもちろんのこと人々の厳しい反応にも同じだけ辛い思いをしたと明かしている。「私が見たものは痛みだった。彼の暴力を支持することは絶対に無いけど、あらゆる方向から痛みを感じて辛かった」と語る彼女は、人が人を傷つけることを絶対に受け入れられないと考えているようだ。

以前ライブ中にR. Kellyを擁護したことで批判を浴びたErykah Baduも「傷ついた人を全て癒したい」と語っていたが、非人道的な罪を犯した者に対して憎しみを向ける人が大勢存在することについて悲しみを抱く彼女と同じ立場をKehlaniも表明している。性犯罪や暴力に対して憤りを持つ気持ちは当然だが、抗議と憎しみの間の線引きを考えることがそれらの問題に対処する上で必要なことなのかもしれない。

Kehlaniが出演した「Sunday Gems」はこちらから聴くことが出来る。

RELATED

R. Kellyが保釈金や家賃未払いによって銀行口座を差し押さえられ貯金を失う

先月、10件の性的暴行罪で起訴され100万ドル(約1億1200万円)の保釈金を払い釈放されたR.Kelly。性的暴行罪以外の様々な罪状によって罰金の支払いを命じられているが、彼の貯金ではそれらの金額を支払い切れなかったようだ。

R. Kellyが自身のライブで「28秒間」しか演奏しなかった事が明らかに

先月ついに10件の性的暴行罪で起訴されたR.Kellyが4月7日、スプリングフィールドのイリノイクラブにてライブを行った。しかし、そのライブの内容が酷いものだった事が明らかとなった。

Wiz KhalifaがR. Kellyをからかう

昨日、ついにこれまでの沈黙を破り、公のインタビューに登場したR. Kelly。インタビューで彼は、自身にかけられている複数の女性への性的暴行容疑を全て否定したが、それよりも話題になったのはあまりに興奮した彼の姿だった。案の定、このインタビューはネットミームとなり多くの人々がR. Kellyをからかっている。そして、Wiz Khalifaもその内の1人だ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。