マリファナ販売サイトが閉鎖中のアメリカ政府機関の職員に無料で医療用マリファナを提供

アメリカでは昨年末より現在に至るまで、トランプ大統領による政府の一部閉鎖が続けられている。その影響で政府の職員は一ヶ月近くの間無給での労働を強いられており、Cardi Bが抗議を行うなど様々な方面から批判の声が寄せられている。そんな中、日本では予想も出来ない方法で連邦政府職員をサポートしようとする者が現れた。

「ウィードのCraigslist」とも呼ばれるアメリカ最大のマリファナマーケットプレイスBudtrader.comが、閉鎖の影響を受けた政府職員に無料で医療用マリファナをプレゼントしようとしているという。The Hillが報じるところによると、政府の従業員に贈られる大麻は全て法律に準拠した物で違法性は一切無いものとのこと。BudTraderのCEOであるBrad McLaughlinは「連邦政府の職員が十分な愛やサポートを受けているとは思いません。大変な時期ですが、閉鎖の影響を受けた職員全員に医療用大麻を寄付したいと思います」との声明を発表している。

また、Budtrader.comのFacebookページには「政府の閉鎖によって医療用マリファナを買えない職員の方に、苦痛を和らげるためカリフォルニアの成人の使用規則および規制に従った合法的限度額を寄付します。寄付は内密に行われます。全ての政府職員、コミュニティ、そしてアメリカ合衆国に祝福を」という文章が綴られている。

日本においてこのような形での寄付を行うことは未だに考えられないが、マリファナの合法化が進んだアメリカにおいてはマリファナを通じて人々をサポートし、愛を示すような行為も当然なのかもしれない。無給での労働という苦難と闘っているアメリカ政府職員が、マリファナを吸ってリラックスすることが出来れば何よりだろう。

RELATED

Snoop Doggらが出演するマリファナのドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー 大麻が見たアメリカ』がNetflixにて4月20日より配信

マリファナが欧米で徐々に認められてきた昨今。マリファナに向けられている偏見を払拭し正しい歴史を広めるべく制作され、ヒップホップシーン随一のマリファナ愛好家として知られるSnoop DoggやFab 5 Freddieが出演するドキュメンタリー『Grass Is Greener』がNetflixにて配信される。

Snoop Doggが出演映画のプレミア上映会に出席 | 楽屋がマリファナの匂いで充満し映画館が抗議

香水を付けた人とエレベーターで同乗し、その人が降りた後でもエレベーター内に香水が充満している、といった事は多くの人が経験した事があるかもしれない。しかし、マリファナの残り香が充満している、という状況を経験した事がある人はどのくらいいるだろうか?

Lil Pumpが「ウィードを吸うのをやめた」と宣言

アルバム『Harvard Dropout』も好調なLil Pump。最近はPump Universityでの講義も続けるなど精力的に活動する彼が、なんとマリファナをやめたことを宣言した。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。