Sony MusicがR. Kellyと完全に決別しレーベルカタログから彼の作品を削除

性的暴行を告発するドキュメンタリー『Suyrviving R. Kelly』の公開以来多方面から告発や批判を受け、音楽業界から干されつつあるR. Kelly。今回、彼のキャリアを終わらせる決定的な一打となり得る決断をSony Musicが下したことが明らかとなった。

R. Kellyの所属レーベルであるRCA、およびその親会社であるSony Musicは、 R. Kellyの作品をレーベルのカタログから完全に削除した。現在、RCA公式サイトのアーティスト一覧にR. Kellyの名前は無い。Billboardは、R. Kellyと Sonyが袂を別つことに合意したと報じている。

以前RCAがR. Kelly作品のリリースを差し止めていることが伝えられたが、とうとうレーベルと彼の関係が無かったことにされてしまう段階にまで至ってしまったようだ。R. Kellyとのコラボ曲をヒットさせたLade Gaga、Celine Dion、Chance The rapperらも彼が参加した楽曲をストリーミングサービスから引き上げているという現状もあり、今後彼が音楽業界に残ることはかなり困難になったと言えるだろう。

依然として検察によるR. Kelly宅の捜査が続けられているようだが、今後の彼の社会的な処分はどのようなものになるのだろうか?

related

R.Kellyがまたしても性的暴行によって逮捕された事が報じられる

2017年からセックスカルトなど多くの疑惑が報じられ、今年ついに10件の性的暴行罪で逮捕されたR.Kelly。保釈金を支払い釈放された後も、度々起訴されるなど余罪が疑われていた彼が、シカゴでまたしても性的暴行の容疑でニューヨーク市警察と国土安全保障省によって逮捕された事をNBC New Yorkが法...

R. Kellyが新たに11件の容疑で起訴される | 最高で30年の服役の可能性も

今年3月、以前から報じられていたセックスカルトに関する10件の性的暴行罪で100万ドル(約1億1200万円)の保釈金を払い釈放されたR. Kelly。そんな彼が今回新たに11件の容疑で起訴されたようだ。

R. Kellyが保釈金や家賃未払いによって銀行口座を差し押さえられ貯金を失う

先月、10件の性的暴行罪で起訴され100万ドル(約1億1200万円)の保釈金を払い釈放されたR.Kelly。性的暴行罪以外の様々な罪状によって罰金の支払いを命じられているが、彼の貯金ではそれらの金額を支払い切れなかったようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。