Kendrick Lamarが来年ニューアルバムをリリースか?

2017年にアルバム『DAMN.』をリリースし、次なるアルバムのリリースが期待されているKendrick Lamar。そんな彼が来年ニューアルバムをリリースするかもしれない。

Kendrickは現在TDEに属しながらも、大手レーベルInterscopeと契約を結んでおり、アルバムもInterscopeからリリースしてきた。そのInterscopeのヨーロッパにおける配給を担当しているのはPolydor Recordsだが、そのPolydor RecordsのInstagramのストーリーにて2019年にアルバムをリリースする予定のアーティストのリストが公開されてしまったのだ。現在、そのストーリーは見ることが出来なくなってしまっているものの、Twitterで見ることが出来る。


Lady Gagaをはじめ、そうそうたる名前がリストに連なっているが、その中にKendrick Lamarの文字があることが分かるだろう。
アクシデントによりこのような投稿をしてしまったのかは不明だが、投稿が削除されているのは事実であり、なんらかの機密情報または不正確な情報が含まれていたのは確かだろう。

ちなみにKendrick Lamarは直近のLos Angeles Timesのインタビューにて「今はニューアルバムの制作はしていないよ。常に動いてはいるけどね」と語っており、真偽の程は定かではない。

また、TDEのトップAnthony“Top Dawg”Tiffithは今年の9月に自身のInstagramにてこのような投稿をしている。

Top Dawg has spoken #TDE

gwadpotさん(@dangerookipawaa)がシェアした投稿 -

「KDot(Kendrick)のニューアルバムはすぐはリリースされないだろう。だから彼がインスピレーションを得るまでは『DAMN.』を聴いていてくれ」とKendrickのニューアルバムのリリースは先になることをほのめかしている。

そんな中で今回のレコード会社によるアクシデントが発生したわけだが、本当に来年ニューアルバムはリリースされるのだろうか。少しは期待してみてもいいかもしれない。

related

Kendrcik LamarとJ. Coleのコラボプロジェクトの噂をTDEのトップが否定

長い間リリースの噂が囁かれ続けているKendrick LamarとJ.Coleのジョイントプロジェクト。たびたび実現を仄めかすような情報が内部から出てくることでファンの間でも期待が広がっていたが、そんな二人のコラボアルバムについてKendrick Lamarの所属レーベルTDEのボスが明確に否定を行っている。

Thundercatが「ニートtokyo」のインタビューでKendrick Lamarの新作に参加していることを明かす

ニューアルバム『It Is What It Is』を4月にリリース予定のThundercat。先行曲“FairChance”や“Dragonball Durag”も話題となっている彼が、日本のインタビューメディア「ニートyokyo」に登場した。

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。