タイで医療用大麻の使用を認める法案が可決され東南アジア初の容認国に

以前、タイの国会において医療用大麻の使用を認める法案が提出されたことを報じたが、昨日、無事法案が可決された。これによりタイは東南アジア初の容認国となる。

ロイター通信によると、タイの国会は1970年代の麻薬法を修正し、医療用マリファナの使用を認める法案を作成したとのこと。

タイの国会テレビ中継にて委員長のSomchai Sawangkarnは
「これは国家立法議会(NLA)からタイ国民への新年のプレゼントだ」と述べている。

ついに、タイはアジア初の医療用大麻容認国となったわけだが、これに関してタイの医療を懸念する声があるのも確かだ。

ランシット統合医学研究所の所長Panthep Puapongpanはタイで医療用大麻が合法化されたことにより、特許企業や外部の投資家が国内のマリファナ市場に参入してくることで混乱を引き起こし、国内の患者や研究者が医療用大麻を手にすることが出来なくなる危険性があると警鐘を鳴らしている。
「我々は法律が施行される前に政府が(特許企業や投資家の)申請をすべて取り消すことを要求するつもり」であることをPanthepはロイターに語っており、合法化のリスクはまだ多いとみられる。

基本的に東南アジアは麻薬に関する法案が非常に厳しく、シンガポールなどは密売を行うと死刑を言い渡される可能性があるほどだ。その中で今回の合法化に踏み切ったタイは、良い結果をもたらすにしろ、悪い結果をもたらすにしろなかなかの決断だといえるだろう。

これを皮切りにアジア各国でも大麻合法化の波は広がっていくのだろうか。

RELATED

Rolling LoudでDaBabyが観客に投げたマリファナが偽物だったことが判明

先週末より開催されていたRolling Loud。そんな中DaBabyがライブ中に大量のマリファナを観客に投げたことが話題となっていたが、そのマリファナがフェイクだったことが明らかになった。

『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』|大麻と音楽や人種差別の歴史、そして合法化の先を描くドキュメンタリー

先日4月20日、Netflixにてドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』の配信が開始された。このドキュメンタリーはヒップホップレジェンドであるFab 5 Freddyが監督と案内人を務め、アメリカにおける大麻の過去と現在を紐解いていくものである。

Snoop Doggらが出演するマリファナのドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー 大麻が見たアメリカ』がNetflixにて4月20日より配信

マリファナが欧米で徐々に認められてきた昨今。マリファナに向けられている偏見を払拭し正しい歴史を広めるべく制作され、ヒップホップシーン随一のマリファナ愛好家として知られるSnoop DoggやFab 5 Freddieが出演するドキュメンタリー『Grass Is Greener』がNetflixにて配信される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。