マクドナルドの会計をマリファナで支払おうとした男が逮捕

アメリカはフロリダのマクドナルドにて珍事件が起こった。マクドナルドの会計をお金ではなくウィードで支払おうとした男が逮捕されたというのだ。

ABC Newsによると、容疑者の23歳の男性、Anthony Andrew Gallagherは現地時間16日の早朝にマクドナルドのドライブスルーにて会計をマリファナで支払おうとしたとのこと。もちろんその時の店員はその申し出を断り、Gallagherは走り去っていったらしい。

その後、マクドナルドの店員は警察に通報し、現地警察が現場となった店舗にて店員達に聞き込みをしていたところ、なぜか再びGallagherはドライブスルーに登場。その場で現行犯逮捕されたわけだ。彼が2回目のドライブスルーで会計をウィードで支払おうとしたのかは不明だそうだが、なんともマヌケな逮捕劇である。Gallagherは大麻所持および服用した上での運転の容疑で逮捕されたとのこと。

以前にはニューヨークのマクドナルドのマネージャーが裏メニューでコカインを販売し、逮捕された事件などもあり、何かと曰くつきなファストフードチェーンになってしまっているマクドナルド。

今回の事件も、なんともアメリカらしい事件だといえるが、彼がもし大麻を服用せずに運転していたらちゃんとお金で払ったのか気になるところだ。

related

Richardsonがカリフォルニアの最も大胆な大麻企業Alien Labとコラボレーション

RichardsonがAlien Labとコラボレーションし、2021年10月30日(土)よりカプセルコレクションを発売する。 Alien Labsは、カリフォルニアの最も大胆な大麻企業の一つであり、世界的な現象としていち早く大麻文化をブランド化した企業の一つである。 本コレク...

ニューヨークでマリファナの娯楽目的での使用が合法化へ|州知事と州議会が合意

世界的にマリファナの解禁が進められつつある昨今。特にアメリカでは多くの州がマリファナの非犯罪化、合法化に踏み切っているが、そんな中、ついにニューヨーク州でマリファナの娯楽目的での使用と販売が合法化されることが決まった。

Jay-Zがマリファナビジネスに参入するマイノリティをサポートする基金を立ち上げる

昨年、自身のマリファナブランド「Monogram」を立ち上げたJay-Z。そんな彼が、新たにマイノリティが経営するマリファナのスタートアップ企業に投資するための基金を立ち上げたことが報じられている。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。