マクドナルドの会計をマリファナで支払おうとした男が逮捕

アメリカはフロリダのマクドナルドにて珍事件が起こった。マクドナルドの会計をお金ではなくウィードで支払おうとした男が逮捕されたというのだ。

ABC Newsによると、容疑者の23歳の男性、Anthony Andrew Gallagherは現地時間16日の早朝にマクドナルドのドライブスルーにて会計をマリファナで支払おうとしたとのこと。もちろんその時の店員はその申し出を断り、Gallagherは走り去っていったらしい。

その後、マクドナルドの店員は警察に通報し、現地警察が現場となった店舗にて店員達に聞き込みをしていたところ、なぜか再びGallagherはドライブスルーに登場。その場で現行犯逮捕されたわけだ。彼が2回目のドライブスルーで会計をウィードで支払おうとしたのかは不明だそうだが、なんともマヌケな逮捕劇である。Gallagherは大麻所持および服用した上での運転の容疑で逮捕されたとのこと。

以前にはニューヨークのマクドナルドのマネージャーが裏メニューでコカインを販売し、逮捕された事件などもあり、何かと曰くつきなファストフードチェーンになってしまっているマクドナルド。

今回の事件も、なんともアメリカらしい事件だといえるが、彼がもし大麻を服用せずに運転していたらちゃんとお金で払ったのか気になるところだ。

RELATED

2500年前の墓地から古代人がマリファナを吸っていた最も古い痕跡が発見される

北京の中国科学院・科学アカデミーのYimin Yang率いる考古学者チームは、中央アジアのパミール山脈にある2500年前の墓地で、古代人がマリファナを吸っていた最も古い痕跡を発見した事をScience Advancesで発表した。

Rolling LoudでDaBabyが観客に投げたマリファナが偽物だったことが判明

先週末より開催されていたRolling Loud。そんな中DaBabyがライブ中に大量のマリファナを観客に投げたことが話題となっていたが、そのマリファナがフェイクだったことが明らかになった。

『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』|大麻と音楽や人種差別の歴史、そして合法化の先を描くドキュメンタリー

先日4月20日、Netflixにてドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』の配信が開始された。このドキュメンタリーはヒップホップレジェンドであるFab 5 Freddyが監督と案内人を務め、アメリカにおける大麻の過去と現在を紐解いていくものである。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。