マクドナルドのマネージャーが裏メニューでコカインを販売し逮捕される

先日、ニューヨーク・ブロンクス区にあマクドナルドのナイトシフトのマネージャーが逮捕された。警察の報道によると、Frank Guerrero(26歳)は「Operation Off the Menu」と呼ばれる麻薬カルテルを運営しており、マクドナルドの利用客にコカインを販売していた。

コカインは店のソープディスペンサーの中に隠されており、そこから取り出され、他の商品と一緒に提供されていた。彼はシフトに入る前にトイレのソープディスペンサーにコカインを隠していたのだ。Frankの顧客たちはコードワードを持たなかったが、彼は8年間そのオペレーションを続けていたため顧客の全員を把握していたという。Frankは、覆面警察官との8回の取引で計10,900ドルを売り上げたところで逮捕された。その時彼は袋に2つのチーズバーガー、サイダー、そしてフライドポテトと一緒に100グラムのコカインを入れていた。

macdonald coke

Frankがマネージャーを務めたマクドナルドは24時間営業で、決まった時間限定でドライブスルーも行なっていたという。彼は自分の特別な顧客が来ると、列の前方に差し込み、彼の特別な商品を提供した。店の他の従業員もFrankと同じ時間に働いていたと言われているが、目撃者としては誰も挙げられていない。

New York Daily Newsの報じるところによれば、Frankの自宅からは200グラムのコカインと約5300ドルの現金が警察により押収されたという。それらは彼の2歳の息子のプレイルームに隠されており、ガールフレンドのLeidy Cabral(24歳)もドラッグ所持の容疑で逮捕された。

(辻本秀太郎)

RELATED

【コラム】なぜ日本では「容疑者」の作品は自主回収されてしまうのか

ことヒップホップやクラブミュージックはドラッグの描写と切っても切り離せないカルチャーであり、薬物の所持、使用で逮捕されるアーティストは数え切れないほど存在する。

A$AP Rockyが「クリエイティビティのためにドラッグに頼るアーティストは才能が無い」と語る

ヒップホップとドラッグは切っても切り離せない関係にある。2017年のLil Peepや昨年のMac Millerの死をきっかけに改めてドラッグを見直す動きが生まれたことは確かだが、依然としてリーンやオピオイドといったドラッグはシーンに蔓延している。そんな中、A$AP Rockyがドラッグの使用をやめて素面のままでいることを試しているという。

Lil PumpがLeanを止めることはないと前言撤回

Lil Pumpは今年に入り、一度ドラッグを絶つ宣言をしたものの、Lean Pongをしている様子を投稿するなどその真意はわからないまま。しかし、Lil PumpがLeanを手放すのはまだ先になりそうだ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。