Jacqueesが自身のことをR&Bの王だと主張し他のアーティストから非難を浴びる

シンガーのJacqueesが大胆な主張をし、話題になっている。
彼は先日、自身のInstagramに動画を投稿したのだが、その動画内で自身のことをR&Bの王と述べているのだ。

Fuck it !!!

Lamborghini Queさん(@jacquees)がシェアした投稿 -

彼は「皆に言っておきたいんだけど、俺が今のR&Bの王だ」と高らかに宣言している。この投稿には様々なコメントが寄せられているが、彼のこの宣言に賛同している人は少ないようで、Chris BrownやR.Kelly、UsherなどJacqueesよりもキャリアを積んでいるシンガーを挙げている人が多い印象だ。

Trey Songzはこの件を受け、泣き笑いの絵文字のみのシンプルなツイートをしている。


そして、Ty Dolla $ignはこのツイートに対して、Treyと同じく絵文字1つのみで返信。


彼らの真意は分からないが、それはおそらく肯定的なものではないだろう。

またシンガーのJ.Holidayは自身のInstagramにて、自らの意見を主張している。

Just saying! @theshaderoom #25tolife #randb

J.Holidayさん(@kingjholiday)がシェアした投稿 -

「あいつが言ったことはクソだ。今、R&Bの王は3人いる。1人目はファーストアルバムで2000万枚売った奴。2人目はシカゴ出身の奴。3人目はタッパハノック(ヴァージニア州の町)出身の奴だ」とJacqueesの主張を全面否定している。ちなみに彼が言った3人の王の1人目はMichael Jackson、2人目はR.Kelly、3人目はおそらくChris Brownだと思われる。

一方、またしてもシンガーのPleasure PはJacqueesを擁護するとともに、R&Bシンガー全員に挑戦状を叩きつけている。
「誰が1番ホットな楽曲を出せるか、R&Bシンガー全員で勝負しようぜ」とあくまでもフレンドリーな姿勢での勝負を望んでいるようだ。

このように、Jacqueesの宣言はR&B界全体を巻き込むものとなってしまったわけだが、確かにこれまでヒット曲を少なからず出してきたChris BrownやR.Kellyの方が今は、王の座にふさわしいと言えるだろう。しかし、先に書いた2人に比べて20代前半とまだ若いので、キングになりえる可能性は大いにある。自身がキングだと宣言したJacqueesのこれからに期待である。

related

「R&Bの王」を自称したJacqueesにカバー曲を歌わせないようファンが呼びかける

先日、自らが「R&Bの王」であると主張したことで多方面から反発を受けたJacquees。そんな彼がR&Bの名曲をカバーして歌っていることに憤った人物が「Jacqueesにカバー曲を歌わせるな」と呼びかけている。

JacqueesによるElla Maiの“Trip”のリミックスがPornhubからも削除される

最近では、Kanye Westが永久無料会員権を贈呈されたり、YouTubeで規制されたUKドリルのビデオが投稿されるなど何かとヒップホップシーンとの絡みが多いアダルトサイトPornhub。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。