グラミー賞候補作が発表 | 主要賞にヒップホップ作品が続々とノミネート

61回目となるグラミー賞の候補作が発表となった。今年の最多ノミネートは映画『ブラックパンサー』のサントラなどの効果でKendrick LamarがSZAとの"All The Stars"で最優秀レコード賞や最優秀楽曲賞などの主要賞を含む8部門にノミネート。

続いてDrakeが“God’s Plan”での最優秀レコード賞やアルバム『Scorpion』での最優秀アルバム賞などで7部門。Cardi Bもアルバム『Invasion of Privacy』や収録曲"I Like It"での最優秀レコード賞など5部門と続いている。

しかしグラミー賞では昨年はJay-Zが8部門、Kendrickが7部門にノミネートされつつBruno Marsが主要賞の3冠を達成するなど、ヒップホップアーティストにとっては主要賞制覇は関門となっている。

今年は上にあげたアーティストの他にもChildish Gambinoが"This Is America"で最優秀楽曲賞と最優秀レコード賞にノミネート、Post Maloneと21 Savageが"Rockstar"で最優秀レコード賞、Post Maloneはアルバム『Beerbongs & Bentleys』が最優秀アルバム賞にもノミネートされており、昨年よりも受賞の可能性は高まっている。

また最優秀ラップアルバム部門にはCardi Bの『Invasion of Privacy』やTravis Scottの『Astroworld』、Nipsey Hussleの『Victory Lap』、Pusha-Tの『Daytona』などに加えて故Mac Millerの『Swimming』も候補となっている。最優秀ラップ楽曲賞にはJay Rockが“Win”と“King’s Dead”の2曲でノミネートされていて、こちらにも注目が集まる。

グラミー賞は現地時間の2/10に授賞式が開催される。全てのノミネートはこちらから確認できる。

RELATED

Kendrick Lamarの『good kid, m.A.A.d city』が全米アルバムチャートランクインの最長記録を更新

先日、Kendrick Lamarの名盤『good kid, m.A.A.d city』が350週間ものあいだ、全米アルバムチャートにランクインしつづけていることをお伝えしたが、ついに今週最長記録を更新した。

A$AP FergがRich the Kidの“New Freezer”はKendrick Lamarが自分だけフィーチャリングされるのを条件に参加したと明かす

先日、ニューEP『Floor Seats』をリリースしたばかりのASAP FergがDJ Whoo Kidのインタビューに登場。2017年にリリースされたRich the Kidのデビューアルバム『The World Is Yours』に収録されている“New Freezer”には初め、自身が参加していたことを明かしている。

CommonがKendrick Lamarをお気に入りのラッパーに挙げ「4枚のクラシックを作った」と絶賛

ここ最近Twitterで流行している「史上最高のラッパー50人」リスト。その流れで各々のお気に入りのラッパーを挙げる人が増える中、シカゴの大ベテランであるCommonも自身のフェイバリットを挙げ話題を呼んでいる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。