グラミー賞候補作が発表 | 主要賞にヒップホップ作品が続々とノミネート

61回目となるグラミー賞の候補作が発表となった。今年の最多ノミネートは映画『ブラックパンサー』のサントラなどの効果でKendrick LamarがSZAとの"All The Stars"で最優秀レコード賞や最優秀楽曲賞などの主要賞を含む8部門にノミネート。

続いてDrakeが“God’s Plan”での最優秀レコード賞やアルバム『Scorpion』での最優秀アルバム賞などで7部門。Cardi Bもアルバム『Invasion of Privacy』や収録曲"I Like It"での最優秀レコード賞など5部門と続いている。

しかしグラミー賞では昨年はJay-Zが8部門、Kendrickが7部門にノミネートされつつBruno Marsが主要賞の3冠を達成するなど、ヒップホップアーティストにとっては主要賞制覇は関門となっている。

今年は上にあげたアーティストの他にもChildish Gambinoが"This Is America"で最優秀楽曲賞と最優秀レコード賞にノミネート、Post Maloneと21 Savageが"Rockstar"で最優秀レコード賞、Post Maloneはアルバム『Beerbongs & Bentleys』が最優秀アルバム賞にもノミネートされており、昨年よりも受賞の可能性は高まっている。

また最優秀ラップアルバム部門にはCardi Bの『Invasion of Privacy』やTravis Scottの『Astroworld』、Nipsey Hussleの『Victory Lap』、Pusha-Tの『Daytona』などに加えて故Mac Millerの『Swimming』も候補となっている。最優秀ラップ楽曲賞にはJay Rockが“Win”と“King’s Dead”の2曲でノミネートされていて、こちらにも注目が集まる。

グラミー賞は現地時間の2/10に授賞式が開催される。全てのノミネートはこちらから確認できる。

related

2021年グラミー賞の受賞者が発表|Megan Thee Stallionが最優秀新人賞、H.E.R.が最優秀楽曲賞を受賞

今年もいよいよ幕を開けたグラミー賞の授賞式。以前よりそのノミネーションが批判の対象となり、The weekndがボイコットを表明するなど例年と比べ波乱の展開を見せた今年のグラミー賞だが、その受賞者が発表となった。

Kendrick Lamarらによる新会社pgLangがCalvin Kleinとコラボしたショートフィルム8本を公開

昨年、Kendrick LamarやBaby Keem、ビデオディレクターのDave Freeらによって設立が報じられた新会社pgLang。そんな同社がCalvin Kleinとコラボして制作した8本のショートフィルムを先週公開した。

今年のグラミー賞候補に対する批判についてレコーディングアカデミーが声明を発表

いよいよ発表となった2021年グラミー賞のノミネート。毎年大きな注目を集めるアメリカ音楽業界の祭典だが、今回はノミネートされた作品やアーティストに対し、多くの批判や疑問、不満が寄せられている。特にヒップホップやR&Bのノミネート作については例年以上の批判の声が上がっているが、そんな中、賞を主宰するレコーディングアカデミーがこれらの反応に対し返答を行なっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。