Kan Sanoによるニューシングル『DT pt.2』がリリース

新世代のビートメイカーとしてKan Sanoがニューシングル『DT pt.2』を12/5にリリースした。

Kan Sanoは、これまでにFUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAM、フランス World Wide Festivalなど国内問わず大型フェスに出演。ピアノ一本での即興演奏ライブを展開し、ジャズとクラシックを融合したような独自のスタイルを披露している。

現在作成中のアルバムから第一弾シングルとなる"DT pt.2"は、重厚感がありながらラフで温かいビート、硬派でありながら艶めかしいシンセ、様々な音が重なり合いKan Sanoにしか表現できない一曲となっている。

またSIRUPやTempalay、showmoreなどのライヴ映像を配信してきたチャンネルTOKYO SOUNDSでの同曲のライヴムービーが公開となっている。

INFO

アーティスト:Kan Sano

タイトル:DT pt.2

リリース日:12/5 (水)

Apple Music

https://itunes.apple.com/jp/album/1442501681?app=music

Spotify

http://open.spotify.com/album/4atQN8JeAIwRr4on7qyGox

iTunes

https://itunes.apple.com/jp/album/1442501681?app=itunes

RELATED

Kan Sanoのニューアルバム『Ghost Notes』が5月にリリース

先行シングル"DT pt.2"と"Sit At The Piano"が大きな話題となっているKan Sanoが、2年半ぶりのニューアルバム『Ghost Notes』を5月にリリースすると発表した。

Kan Sanoがニューアルバムからの新曲"Sit At The Piano"をリリース | 6月にはリリースツアーも

ビートメイカー、ピアノプレイヤーとして活動しジャンルを問わず活動してきたKan Sanoによるニューシングル"Sit At The Piano"がリリースされた。

TOSHIKI HAYASHI(%C)のアルバム『THREE』に収録された"little life ft. Kan Sano & JJJ"が7インチ化 | MAHBIEリミックスも収録

HOOLIGANZやchelmicoのバックDJとしても活躍するビートメイカーTOSHIKI HAYASHI(%C)が、昨年リリースした3rdアルバム『THREE』に収録されている"little life ft. Kan Sano & JJJ"が7インチでリリースされることになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。