Wu-Tang ClanがNPRの人気企画『Tiny Desk Concert』に登場

ヒップホップ史上屈指の名盤である1st『Enter The Wu-Tang (36 Chambers)』の発売から25周年を迎えたWu-Tang ClanがNPRの人気企画『Tiny Desk Concert』に登場した。

20分のビデオの中で“Protect Ya Neck”, “Wu-Tang Clan ain’t〜”、”C.R.E.A.M.“など往年の名曲を次々とパフォーマンスされる、ファンにはたまらない内容だ。故Ol’ Dirty Bastardの代役として彼の息子Young Dirty Bastardも登場し、父親譲りのエキセントリックなラップスタイルを披露している。

また、Wu-Tang Clanは今月12月14日に“C.R.E.A.M.”のスペシャルロゴ入りリイシューヴァイナルを発売予定だという。こちらも90年代ファンの方は要チェックだ。

Wu-Tang Clanが出演した『Tiny Desk Concert』はこちらから視聴することが出来る。

related

RZAがクレジットカードを止められた訴訟相手をホテルに泊めてあげた経験を明かす

ここ最近は自身の愛するカンフー映画や格闘技を配信するプラットフォームを設立するなど、新たな試みを精力的に行なっているWu-Tang ClanのRZA。そんな彼が、Wu-Tang Clanと同じくレジェンドであるプロデューサーRick Rubinに対しWu-Tangの他のメンバーとの現在の関係について語っている。

Wu-Tang ClanのRZAが自身の愛するカンフー映画や時代劇を解説つきで配信するプラットフォームを設立

カンフー映画や時代劇などの熱烈なファンとして知られるWu-Tang ClanのRZA。Wu-Tang Clanの楽曲にもこれらの映画の声や効果音を多くサンプリングするなど深い愛を持っている彼が、自身が偏愛する映画の解説をライブ配信するようだ。

Wu-Tang Clanがマーチャンダイズとして消毒液「Protect Ya Hands」を発売

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、マスクや消毒液の使用が重要視されているここ最近。アーティストの中にもグッズとしてマスクなどを発売する者が増える中、Wu-Tang Clanが消毒液を発売することが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。